男性ばかりでなく、女性のなかにも「オタク」と呼ばれる趣味をもつ人が増えたことで、カップルの付き合い方も多様化しているようです。男性にとって「オタク彼女」はどんな存在なのでしょうか? そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『彼女がオタクでよかった!』と思うこと9パターン」をご紹介します。

【1】自分のマニアックな趣味も寛容に受け入れてもらえる

「お互いに趣味を尊重し合えるから付き合いやすい」(20代男性)など、趣味にお金や時間をつぎ込むことに寛容なオタク女性は、同じオタクな男性にとって付き合いやすいようです。ただし、趣味ばかり優先して相手に寂しい思いをさせないよう注意は必要でしょう。


【2】知識の幅が広くて会話が盛り上がる

「オタクは基本的に好奇心が強いから、いろいろなことに興味を持って話を聞いてくれる」(20代男性)など、ものごとを掘り下げて追求するオタク気質は、二人の会話が盛り上がる理由のようです。趣味の知識を通して、相手への理解度も深まりそうです。


【3】好きなアニメのDVDがあればすぐに機嫌が良くなる

「嫌なことがあっても、アニメのDVD?BOXを観ればすぐ上機嫌になってくれる」(20代男性)など、確実に楽しい気分になれる個人的な趣味をもっていることは、男性にとってありがたいようです。ただし、没頭して彼氏を放置しすぎないように注意したいものです。


【4】男性の好みが二次元キャラに偏っていて安心できる

「三次元の男性に興味が薄いから、浮気的な心配をしなくてすむ」(20代男性)など、理想の男性像が二次元キャラクターであるオタク女子は、現実の男性に目移りするケースが少ないようです。彼氏に理想を伝えることで、近づこうと努力してもらえるかもしれません。


【5】デートの行き先に困ったとき、自宅デートでも満足してくれる

「むしろ彼女が家から出たがらない。一緒にゲームすれば十分楽しい」(10代男性)など、お互いインドア派のカップルにとっては、自宅デートこそ一番の過ごし方のようです。たまに外出することも、めったにない刺激として一層楽しめそうです。


【6】少女マンガのおすすめを教えてくれるなど、新しい世界を知ることができる

「彼女のオススメをチェックしているだけで、好きなジャンルが一気に広がる」(30代男性)など、彼女の趣味のジャンルに詳しくなることに面白さを感じる男性も少なくないようです。オタク的な守備範囲が広がることで、楽しみの量が増えるのかもしれません。


【7】好きな作品を共有できるので、お金と保管場所を節約できる

「二人とも好きな作品は、どちらかが買って貸し合えば一冊で二人とも楽しめる」(20代男性)など、趣味のジャンルが共通している場合は、購入した作品を共有財産とすることで、経済的なメリットもあるようです。


【8】感情表現がマンガっぽいため、気持ちを理解しやすい

「『ガーン』とかマンガっぽく感情を表現するので、考えてることが分かりやすくて気楽」(20代男性)など、会話において擬音語を駆使することで、感情を伝えやすいようです。ただし、彼氏以外の人に対して使うと、変な人だと思われてしまうかもしれません。


【9】コスプレ姿を二人きりで堪能できる

「自分が見るのは最高。でもほかの男性には見せたくない…」(20代男性)など、オタク女性のコスプレ趣味は、彼氏も一緒に楽しめるようです。ただし、他人に見せることは嫌がる彼氏もいるので、イベントなどに参加する際は事前に話し合ったほうがよさそうです。


ほかにも、「男性が『彼女がオタクでよかった!』と思うこと」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)