デートのときは、相手の男性に少しでもキレイに見られたくてファッションに気合が入ってしまうもの。でもその気持ちが空回りすると、場合によってはガッカリされてしまうこともあるようです。では、一体どんな服装がNGなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者に聞いたアンケートを参考に、「男性をガッカリさせる『勘違いデートファッション』」をご紹介します。

【1】ほかの男性の目が気になる「丈の短すぎるスカート」

「周りの男からのいやらしい視線がイヤ」(20代男性)というように、セクシーアピールのつもりのミニスカートも、丈が短すぎると男性をやきもきさせてしまうことがあるようです。特に本命の相手とのデートでは、肌の露出は控えたほうがいいでしょう。


【2】まるでタレント気取りで恥ずかしい「大きなサングラス」

「自意識過剰すぎてちょっと…。一緒に歩きたくないです」(30代男性)など、顔面が隠れてしまうほどの大きなサングラスは、男性に「勘違い女」の印象を与えてしまうようです。日差しに弱くてサングラスが必須な場合は、「眩しいのが苦手なの」と一言フォローを入れておきましょう。


【3】個性的でついていけない「柄物タイツ」

「センスが奇抜すぎるタイツとかには正直引いてしまう」(20代男性)というように、派手な柄のタイツも、シンプルな服装を好む男性にはあまり受け入れられないようです。まだお互いをよく知らない段階のデートでは、黒や紺など保守的な色味のものを選ぶのが無難でしょう。


【4】異性に対してだらしない感じがする「下着が透けているシャツ」

「本人が気にしていないのが理解できない」(30代男性)など、下着が透けてしまっているシャツは、男性に嫌悪感を抱かせてしまうおそれがあります。デートの前は、姿見で後姿もしっかりチェックし、下着やそのラインが見えないかいつも以上に確認したほうがいいでしょう。


【5】ぶりっこであざとい感じがする「フリフリのワンピース」

「いかにも狙っている感じがする」(10代男性)など、女の子らしさ全開の格好も、やりすぎると計算高さが目立ってしまうようです。リボンやフリルなどのかわいい要素は控えめにし、ワンポイント程度に抑えておくほうが好感を持たれるのではないでしょうか。


【6】別世界の人という気配すら漂う「ゴスロリファッション」

「会った瞬間、帰りたくなる」(20代男性)など、自分の趣味を全開にした服装は、そのファッションに理解のない男性をドン引きさせてしまうようです。相手が「いいね」と言ってくれるならともかく、そうでなければ自宅デートで着る程度にとどめておいたほうがいいかもしれません。


【7】夜の雰囲気満載の「派手な毛皮のコート」

「周囲から同伴出勤だと思われそう」(30代男性)など、普段着とは思えないようなケバケバしいファッションも、男性に抵抗感を抱かせてしまうようです。ゴージャスなアイテムを身につけるのは、パーティーに行くときだけにするなど、TPOをわきまえましょう。


【8】シンプル好きな男性にはインパクトがありすぎる「ドクロ系のアクセサリー」

「何がいいのか分からない。なんだか怖い」(20代男性)というように、自分とセンスが合わないアクセサリーを身につける女性を敬遠する男性もいるようです。相手の好みが分からない場合は、「○○系って私に似合うかな?」と探りを入れてから挑戦したほうがいいかもしれません。


【9】狙いすぎな気がする「制服系のジャケット」

「アイドルじゃないんだから、年齢相応の服装をしてほしい」(20代男性)など、萌え系の服装も、男性を喜ばせるどころか、呆れられてしまう可能性があるようです。「アイドルと現実の女性は別」と考える男性も多いので、デートでは自分らしい服装を心がけましょう。


「男性をガッカリさせる『勘違いデートファッション』」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(磯田大介/Office Ti+)