新しいシーズンのはじまりは、服より先に小物から。とくにバッグは実用性を重視するあまり、つい毎朝同じものを手にしがち。服を着がえたらバッグも着がえる。コーディネートの一部としての、新たなバッグとの向き合い方をあらためて。 ※( )内の数字はサイズで縦×横×マチ、単位はcmです(編集部調べ)。



大きくソフトな黒トート

オールブラックの迫力に見合うサイズ感。ビッグサイズだと強さだけが出てしまいがちな黒も、ぬくもりのある上質なコーデュロイならマイルド。

黒コーデュロイバッグ(37×57×26) 57,200円/ア ヴァケーション(ノーベルバ)

コーデュロイの質感を生かした柔和なALLブラック

小旅行にも使えるBIGサイズ。ハンドルはレザーの異素材MIX。 ウールモールベスト 36,300円/ATON(ATON AOYAMA) 黒スカート 39,600円/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 神宮前店) サングラス 34,100円/BLANC ピアス 13,200円/D.U.E(e.m. PRESS ROOM) バングル 7,500円/アビステ サンダル 4,400円/ハワイアナス インナー/スタイリスト私物


クラッチは持つから「抱える」へ

「手で持つ・つまむ」ミニサイズが定番だったクラッチも「抱える」大きさに進化。お出かけやイベントのおともだったクラッチも、サイズ感がアップしたことで、デイリー仕様に。タフなレオパードも、バッグで効かせるなら簡単。

レオパード柄クラッチバッグ(23×38×12) 26,400円/SHIME(ヤマニ)

抱えることで意義が増す。サイズも強気なマキシクラッチ

リッチな柄を引き立てる、銀系を織りこんだジャカード。BIGサイズながら、抱えるとなじみのいい質感。 共布リボンつき白ブラウス 26,400円/シーニュ 黒パンツ(8月末発売予定) 20,900円/TSURU By MARIKO OIKAWA 眼鏡 33,000円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) ピアス 5,500円/アビステ 


小さい方がお好み?
≫【小さくても意外と入るバッグ一覧】斜めがけにもちょうどいいサイズ感のショルダーバッグ