「暖かい素材」に更新したTシャツ&ノースリが、多彩にラインアップ。ニットやベロアなど「厚みのある風合いと肌感」という理想のバランスが1枚でかなう、季節をつないで先に続いていく新たなトップスをご紹介。


Tシャツの延長で・Tシャツよりキレイ。
秋からの「あったかい半そでトップス」

・重量のあるボトムや足元ともなじみやすい、厚みのある半そで。
・Tシャツのように便利でいて、Tシャツよりもキレイに仕上がる。
・秋からの軸になる「カジュアルじゃない」ベーシックカラーのトップス。


≫【この記事で使用したアイテムのプライス】写真一覧で見る


001.
ネイビーに近い「高貴なレトロブルー」

スリムなIラインシルエットに濃色のニットで奥行きを意識

ダークブルーのニットで、スラックスを力まずクラシカルなムードに。ノースリの腕が見えるシルエットだから、ハンサムに仕上げても女性らしさを残せる。


002.
「ツヤをおさえた白T感覚のベロア素材」

上下重みのある素材でも半そでだからもたつかない

肌に密着しても心地よい、なめらかな手ざわり。リッチな風合いの白Tなら、ウールスカートの気品を保てる。タックINしやすいコンパクトな形を選択。


003.
「黒Tを上質なリブニットに変更」

細身の黒ニットで切れ味よくワイドパンツをスマート化

スリムとワイド、どちらのボトムでもバランスがとりやすい、ハーフスリーブをセレクト。ベルトをしぼって生まれるパンツの立体感が引き立ち、体のラインをよりきゃしゃ見せできる。



≫【全5選】秋からの「ノースリ・半袖トップス」コーディネートでもっと見る