「見とれる横顔」小物のセット

ときに正面からのアングル以上に目を奪われる、魅力的な横顔。効果的かつ調和のとれたアクセサリーの組み合わせパターンをもとに、惹きつけられる顔まわりの飾り方をご紹介。


【コーディネートで使用したアイテム】
≫身に着けた小物のプライスと詳細写真を見る



RULE1.「サイズ感にメリハリをつける」

あたたかみのあるニットどうし。
ミントブルーのアクセントが新鮮。


鮮やかなニットスカーフを主役に小粒のアクセを散らして立体感をメイク。やさしいベージュに寒色のミントブルーというキレイな配色。



RULE2 .「柄を小さくリンクさせる」

つるだけにあしらわれたべっ甲を
バングルにも採用した、計算ずくの組み合わせ。


眼鏡のフレームは白。べっ甲模様は横から見たときにだけわかるから、バングルとのリンクもさりげないこだわり。華奢な変型ピアスで視線を集めて。



RULE3.「色は小さく効かせる」

飾りは潔くそぎ落として。
レディなハットに紅一点のピアスを小さくON


1つで目を引く耳元のマットな赤。装飾がわりに赤リップで彩りを加算。シックな色づかいを守って、あれこれやりすぎないことがむしろプラスに作用。