白とデニムと靴はカラフル。
小物づかいは「配色」に注目

今季の小物はカラバリが豊富。そんな小物たちは、見慣れたシンプルスタイルの気分転換にもうってうけ。とはいえ、派手に見せたいわけではないし、大人っぽさも保ちたい。たとえば王道のシャツ+デニムを軸に。足元は「カラフルな靴」から発想した「整いやすい小物の配色」パターンをご紹介。

※( )内のサイズ表記は、バッグとポーチは縦×横×マチ、ストールは縦×横、靴はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。



【コーディネートで使用した小物のプライスなど詳細】
≫「白とデニムとカラフルな靴」合わせるバッグのアイディア集一覧へ


01.「ブラウンの延長でオレンジ」

足元の小さなカラーブロックで
ブルーデニムも脱無難


肩にかけたグレースエット 9,900円/ドレステリア(ドレステリア 渋谷スクランブルスクエア店) ピアス 6,990円/バナナ・リパブリック 白シャツとデニムパンツは着まわし。 ベージュのレザーバッグ×ブラウンパンプスの、コンサバな小物がベースにあれば、カラーソックスもキレイめなハズしにとどまる。スエットを肩がけして、緊張感のある小物づかいをリラックス。



02.「カジュアルの中でツヤとマット」

アクセ感覚のゴールドバッグで
グリーンスニーカーも女っぽく


タンクトップ(2枚セット) 8,800円/ザ シンゾーン(Shinzone ルミネ新宿店) 白シャツとデニムパンツは着まわし。 小さなショルダーバッグで、メタリックをひかえめに投入。ツヤめくゴールド×コクのあるグリーンの、異なるテンションも、スニーカーやショルダーバッグでラフにとり込めば、トゥーマッチに見えない。



03.「暖色のグラデーション」

深い赤とブラウンの濃厚な2色で
見慣れたワンツーをドレスアップ


ピアス 20,900円/ココシュニック オンキッチュ(ココシュニック) 白シャツとデニムパンツは着まわし。 すべてレトロなテイストで統一して、色のなじみをよく。ブラウンより、赤の分量を多くすると、キレ味も保てる。



04.「黒から濃紺へとシフト」

クリーンな白バッグが引き立つように
足元はデニムと同化するネイビーを


ジャケット 22,000円/THROW by SLY(バロックジャパンリミテッド) ピアス 13,200円/ジェーンスミス(ザ ファクトリー) シルバーリング 13,200円/アトリエ ST, CAT 白シャツとデニムパンツは着まわし。 ボトムと靴を同系色でまとめて飾り気をおさえると、真っ白なバッグがきわ立ち、トラッドなデニムスタイルもシャープに。



05.「寒色でカラーONカラー」

ブルー×パープルの冷静な遊びを
あたたかい風合いで今仕様に


シルバーピアス 16,170円/PAZ COLLECTIVE(ZUTTOHOLIC) シルバーチョーカー 18,700円/アトリエ ST, CAT 白シャツとデニムパンツは着まわし。 白シャツとブルーデニムにとけ込む寒色なら、2色盛っても派手じゃない。ファーやスエードの旬素材でとり込むと、クールな中にかわいげも生まれる。