1枚で成立するワンピースは、靴との相性がバランスを左右するカギ。ブーツからスニーカーまで、多彩な着方に応じる4タイプの靴を定めて、アレンジ幅の広いワンピースを軸に、これからのスタイルをプランニング!



ONE-PIECE

重ね着しやすい落ち感のある風合い


ニットワンピース 39,600円/SACRA(インターリブ) ワンピースの中でも一番着回しが利くタイプを求めて「靴・レイヤード・配色の幅」3つのポイントに注目。


・バランスを左右する足元。ブーツからスニーカーまで、多彩な靴に応じるのはふくらはぎが隠れ、足首の一番細い部分が見える丈。
・似合う色幅が広いチャコールグレーが便利。厚みをおさえたニット地で、中に1枚薄手のタートルネックを仕込めるくらいの余白を持たせた、ゆるすぎないシルエットを選択。



BASE SHOES

ゆるみを止める厚底の黒


黒ブーツ 36,300円/JOSEPH(オンワード樫山 お客様相談室) 引き締め力が高い厚めのソールを選択。サイドゴアで視線を流す効果も。




ネイビー×細ヒールでスマート化


ネイビーパンプス 60,500円/ペリーコ(プルミエ アロンディスモン) スクエアトゥで重みが出るため、長いニットと合わせても好バランス。



ストラップで甘さをひとさじ


ストラップシューズ 10,450円/ル タロン(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店) ダークグリーンの深みで、ガーリーなデザインも大人っぽく。



ニットの重みに合うハイカット


白スニーカー 12,100円/NIKE(プラージュ 代官山店) 白ベースなら、足首を隠しても軽さを残せる。大きなロゴが、メリハリづけにも有効。



STYLING

白シャツをインナーに仕込みニット+黒ブーツの重みをはらう


ボリューミィなブーツでワンピースを締めるぶん、白を少量のぞかせて抜けを意識。シャツ特有のハリ感で、ニットの中に重ねてももたつかない。

ワンピース、黒ブーツは着まわし。白シャツ 15,400円/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) 眼鏡 47,300円/アヤメ 黒ハンドバッグ 12,100円/JW PEI(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)



≫【全4パターン実例】ワンピースの着回しコーディネートを見る