「気づくと合わせてしまう」便利なアイテムは?

何かと組み合わせるとき、スタイリストたちがつい「そればかり選んでしまう」見た目だけではわからないアイテムの長所を深掘り。理想の1着に、最短で・確実にたどりつくために。日ごろから数多くのアイテムを見比べているプロたちの信頼できる証言をリーク。

【アイテムのプライスを一覧で見る】
≫【4選】スタイリストがよく頼る=「使える幅が多い服」の詳細へ



01.「ストールよりも」薄手のケーブルニット

ケーブルの編み地があるだけでニュアンスがつく
 

「バッグに入る薄さのケーブルニット。トップスとして着るだけでなく、ストールっぽくかけたり巻いたりもできて便利。個人的にも持っていますが、白Tに合わせてもさまになるので一年中活躍」(渡邉恵子さん)
 



02.「ヒールに合う」パンツのすそ幅

ニットパンツを都会的に着たいなら靴とのバランスを重視
 

「すそがすぼまっているジョガー風だと締まって見えるので、ヒールを合わせたときももたつかずにキレイ。美形なパンツを得意とするuncraveだから、すっきり見えて仕上がりのよさが段違い」(樋口かほりさん)
 



03.「インナーに使える」フリル感

ひかえめだけど埋もれない首元の飾りとして活躍
 

「スエットやニットなどカジュアルなアイテムと相性がいい、ヴィンテージ風な質感。これだけで見るとかなりガーリーな印象ですが、インナーならこれくらいがかわり映えしてちょうどいいあんばい」(高木千智さん)
 



04.「黒と差のつく」黒のサロペット

光を反射する軽やかなサテンでワントーンを攻略
 

「重くなりやすいこの時季のオール黒を軽くしてくれる、サテンの光沢。サロペット=幼いイメージが強いところ、そぎ落とされたデザインと素材のリッチな雰囲気で品よく見えるのもうれしい」(出口奈津子さん)