迫力のあるツイードジャケット、甘いフリルブラウス、カジュアルなスエットやデニム。定番の相棒的アイテムもトレンドアイテムも、白一色にすることで新しいバランスや着こなしを生む。濃色になりがちな秋冬こそ「白の潔さ」が役立つ。



「白に合う」で選ぶ着回しの利く白ファーベスト

甘く編まれたニットのように軽いファーベスト。肩先を隠すノースリーブとヒップまでおおうロング丈のバランスで、1枚でもレイヤードしてもさまになる。ALL白の装いがマンネリしそうなとき、愛らしい質感が活躍する。



+SATIN SKIRT

すそにむかって緩やかなマーメイドシルエットを描く細身のロングスカート。光沢のあるアイボリーカラーとシボ感がヴィンテージライク。厚手生地の白が増えるこの時季に、冷たい素材がスパイス的な役割として効果的。

素材に緩急をつけるならシルエットは直線をキープ


白ファーベスト 39,600円/アダワス、アームカバー 10,450円/ジョンストンズ(ともにメゾン イエナ) アイボリーペンシルスカート 23,100円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) バッグ 41,800円/ブレンテッラ(オデット エ オディール 新宿店) ロングブーツ 68,200円/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

ファーの毛足感とサテンのツヤのメリハリで魅せるワンツールック。緩やかなIラインはロングブーツで締めて。


≫【白のファーベスト・着回し3パターン実例】デニムやワンピースとのコーディネートも見る




じわじわ復活の兆しを見せている白デニムはまっさらな白がポイント。ハイウエストでヒップや腰まわりはフィット感がありながら、太めのストレートでユニセックスな面持ち。白スラックス扱いできる端正なデニムが大人に最適。

メンズライクなモノトーンを白の分量とあたたかみで調整


ベストは着まわし。白デニムパンツ 31,900円/RH ヴィンテージ(ロンハーマン) サングラス 39,600円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) バッグ 13,200円/エロイーズ(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店) ブーツ 11,000円/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 神宮前店)


白デニムと黒ブーツの一見ハードな組み合わせも、ファーベストの投入で柔和に落ち着く。




+RIB ONE PIECE

ほどよい緊張感を与えてくれる、ボディコンシャスなリブワンピース。インナーづかいとしても重宝され、合わせる相手によって白トップスにも白スカートにも姿を変える、名脇役的アイテム。

ファーとワンピースを白でまとめてドレスアップ


白ファーベスト 39,600円/アダワス(メゾン イエナ) エクリュバックレイヤードワンピース 16,500円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) サングラス 25,630円/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 79,200円/エーティーピー アトリエ(メゾン イエナ) パンプス 49,500円/ペリーコ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)


リブワンピースが魅せる色気とファーベストの愛嬌。相反する要素のかけ合わせは、白だからこそまとまる。クセのないクリーム色パンプスでコーディネートがすっきり。