理想の1着に、最短で・確実にたどりつくために。日ごろから数多くのアイテムを見比べているスタイリストたちからの信頼できる確かな証言。



プロがこだわる「ベーシックの見どころ」

ニットやスエット。これからよく着る服こそ吟味を重ねてお気に入りの一着を見つけたい。見た目はどこにでもあるアイテムだけど「違い」が出る要素が含まれた服とは? 数多くの服の中から、スタイリストたちに選ばれた名品の共通キーワード「なのに」があるニット・スエットをご紹介。



ニット「なのに」カットソーっぽい

「分厚いニットは動きづらく、コートも限られるから意外と出番が少なめ。ロンT感覚で着られるのに品があって防寒もできる、この“透けない程度の薄さ”がよくて私服でも色&形違いでヘビロテ中」(スタイリスト・高木千智さん) 

ネイビータートルネック、ベージュクルーネックニット 各36,300円/ともにSLOANE 素肌に触れたときも心地いい、シルク&カシミヤ入り。毎年人気の定番。



ざっくりニット「なのに」上品

「大人っぽく着られるローゲージニットを探しているなら、Chaosがオススメ。しゃんとする重みや、さりげない光沢のおかげで、デニムと合わせても上品な仕上がり。毎年欠かさずにチェック」(スタイリスト・岩田槙子さん) 

メッシュニットカーディガン 31,900円/カオス(カオス表参道) ふくらみのある編み地ながら着心地はノンストレスな名品「シルク混ニット」シリーズの最新作。



スエット「なのに」上質なもちもち感

「肉厚な生地に、着たときにくしゃっとボリュームが出る長めのそで。シンプルだけどひと目で素材のよさがわかる贅沢な風合い。スエットでもラフさが前面に出すぎず、大人に似合う1着です」(樋口かほりさん)

ベージュスエット 44,000円/THE NEWHOUSE(アーク インク) ストレッチ性を持たせたオリジナルの生地。ボトムに左右されないジャストな丈。



≫【全18選】スタイリストたちが「頼る=使える幅が広い服」をもっと見る