毎日のように新しい服を手にするスタイリストという職業。そんなファッションのプロは服のどこを見てどう選ぶのか?季節の始まりにありがちな買い物の一助になりうる視点にクローズアップ。裏付けとなるスタイリング提案もお見のがしなく。


【スタイリスト・岩田槙子さん】

シンプルな中にどこかモードな雰囲気をまとったスタイリングに定評あり。身長150cm弱で服選びの際はスタイルバランスを最重視。今季気になっているのは発色のいいブルーや遊び心のあるミニバッグとのこと。



「ボトムは種類よりも質」トップスは直感で

「スタイルをよく見せることが大前提。だからボトムは妥協のない少数精鋭が基本です。ボトムは体型に大きくかかわるから、理想の1つに出会うのに時間も労力もかかる。そのぶんトップスは難しく考えず、「かわいい!」の直感を頼りにバリエを重視。ボトムでスタイルを保ちながら、トップスはシンプル以上、というイメージです」(岩田さん)


【POINT】
・トップスで遊ぶ=派手というより「特徴」を持たせる
・ベストはアウターではなく「トップス」とみなすミニマル思考
・守りのボトムを基準に「靴はなじませてバッグは効かせる」



「トップスをINしたときに」キレイかどうかで判断

基本的にボトムは、シンプルで美形・色は守りに入るというのが基本。このパンツはウールですが厚みが出過ぎず、キレイな形を保ててて履き心地も抜群。この冬の軸になるパンツです」(岩田さん)

「低身長でもキレイに見える」ロングスカート

自然な広がりとキレイに動きが出るヘムライン&ハイウエストのロングは身長の低い私にもぴったり。ボトムはしっかり吟味して、長く着られる上質でシンプルものを選ぶのが必須。なので私のボトムワードローブは毎シーズン、毎年変わらず穿いているものばかりです」(岩田さん)



「セットアップ感覚で」好きなトップスの色と合わせて投入

ベージュ系のトップスをよく着るので、今シーズンは旬のロングジレを投入。そのジレと「ワントーンで着て合うかどうか」で同系色のとろみパンツを選びました。サテンやベロアなど、てろっとした質感のボトムはニットやウールのアウターを着る機会が増える冬は毎年重宝」(岩田さん)


【次ページ】ボトムのプライスもあわせた一覧)
≫ 【8選】スタイリスト・岩田さんが選んだボトム・トップスも見る