素材のかたさが気になり着る機会が遠のいてしまうこともあるデニム。デニムが豊富な今シーズンは今どきのリラックス感をそなえつつも、しっかりスタイルは良く見せてくれるという欲張った設計のデニムが続々と登場中。


着心地がソフトに変わることで、窮屈さも感じず「穿いていて疲れない」オシャレをストレスフリーにする新名品をご紹介します。



腰位置を高く見せる計算されたシルエット

(FROM PRESS)
「アーカイブから厳選した、アイコニックなジャンプスーツを、モダンなデザインに更新。オーバーなシルエットだから1枚でもさまになり、着方のアレンジも楽しめます。フラップボタンで、すそ幅の調整も可能」(プレス・粟冠珠美さん)

そでを抜いて腰に巻き構築的なパンツをセルフメイク


全体的に余白のあるシルエットながら、腰から上は細めに仕立てつつ、ボトムはルーズに仕立てたデザイン。ウエストの位置を自然に、かつ自由に調整できるカーゴパンツ風。


デニムといえども品のいいインディゴ、ヒールやレザー小物を合わせてキレイにまとめれば逆に女性らしさも引き立つ、ルーズなシルエット。ワンピースにはない魅力をそなえた、ワンピースのようにコーディネート要らずの「メンズライクなワンピース」としてワードローブに新投入を。



(デニムジャンプスーツのプライスなど詳細)
≫【コーディネートで使用したアイテムのプライスを見る】