今シーズンらしい品格があり、旬のブラウンにも負けず劣らず受け幅の広い色としてグレーを推薦。凝った着方をせずともなんだかさまになる、グレーの魅力をいま一度SNAPからひもときます。


01「重厚なコートでも抜けを保てる」

黒やネイビーだと、重い印象になりそうな地面すれすれのオーバーコート。軽やかさのあるグレーで試せば、ロング丈でも抜けを保ててやさしい雰囲気。+ピュアな白でその効果は倍に。


02「マニッシュに整う黒っぽいグレー」

緊張感のある黒と隙のあるグレー。両方のよさをいいところ取りしたようなチャコールグレーは必見。黒ほどかたくなく力を抜けるうえ、こっくりとした発色によりきちんと感もかなう。


03「鉄板配色があらためて新鮮」

ハズさない装いが支持される今季。確実にキレイを約束するグレー×ネイビー配色が一周まわって新しい。コンサバになりすぎないよう、余裕のあるサイズ選びでモードなニュアンスを。


04「ゴールドのよさを実感できる」

ひかえめな灰色のニットワンピに花を添えるなら、ジュエリーのツヤっぽい輝きが必要。なかでも、渋色の上で映えるイエローゴールドなら、きゃしゃなデザイン1つでも洗練度が変わる。


05「美人度が増すグレーのタートル」

女性らしさを演出したいとき頼りになるのは、白の比率が多いまろやかなグレー。ニットならではのふわりとした質感も相まって、簡単なワンツーの品格を高めることに成功。


06「ラフにはおって気だるく品よく」

BIGサイズのアウターから、デコルテなど素肌をちらりとのぞかせるテク。ほかの色でなら少々あざとく見えそうな着方も、メンズライクな濃いグレーだといいあんばいの女っぽさに着地。


07「レトロな柄もほっこりしない」

アーガイルのように昔なつかしい柄のニットも、スマートなグレーならば古くささはゼロ。サングラスやクラッチなどシャープさのある小物を合わせたら、さらに今っぽいバランスへ。


08「ベージュと合わせてノーブルに」

グレー同様、しなやかでやさしいベージュとのコーディネート。2色をなじませるように重ねると、ジャケット+タートルの正統な組み合わせにもフェミニンなムードが漂い出す。


09「黒小物でクールに締まる」

さらっと着たワンピース1枚に、黒小物を飾っただけのスタイリング。ムダがなく究極にシンプルでありながら、色調にもテイストにも一体感があるおかげで、高感度な見た目に。


10「ふわもこを淑女なムードで」

デザインによっては、幼く見える恐れもあるエコファーコート。気品あふれるライトグレーが大人っぽい仕上がりを保証。ゴージャス感の強すぎないノーカラーだとデイリーにも転びやすい。


11「甘くかわいい色が身近なものに」

ペールグリーンなどのマイルドで愛らしいカラーも、くすんだグレーを重ねれば、その甘さをいいぐあいにおさえることが可能。ヘリンボーンのBIGコートをはおり、紳士っぽさをMIX。


12「エッジの効いた小物が似合う」

レザーハットに赤いバッグ&パンプスと、スパイシーな装飾をプラス。まじめな雰囲気のノーカラーコートを着る日は、アクセント役の小物で少しハメをはずすくらいが好バランス。


13「タイトスカートの色香が和らぐ」

気張った印象を与えがちなタイトスカートも、やわらかな空気をもたらすグレーで試せばほどよく肩の力が抜ける。クセのない無地トップスを合わせることで、好感度の高い仕上がりに。


14「大人のカジュアルに好都合」

TシャツやスニーカーなどラフなものをMIXしても、きちんと感を維持できるのは知性をそなえたグレーだから。白Tのテンションに合わせて、ジャケットのそでは適当にまくるのがベター。


15「多色づかいも浮かずに映える」

ペールイエローのタートルネックにボルドーのクラッチバッグ。一見コントラストが強くまとまり感のないアクセントカラーも、あいまいなグレーを仲介役にすることでシックに整う。


16「ブルーデニムよりもモダン」

腰に巻いたスカーフにケリーバッグと、ヴィンテージライクに仕上げたデニムルック。「ブルーデニムで味わい深く」もいいけれど、グレーを使えば今っぽくスタイリッシュな面持ちに。


17「辛口派のチェック=モノトーン」

ほっこりとした印象を与えかねないチェック。グレー見えする黒×白の細かいチェックなら、ほどよい強さがあってハンサム。さらりとした黒シャツ合わせで、こびないスタイルの完成。


18「グレーの延長でくすみグリーン」

グレーを含んだようなキレイ色がたくさん出ている今シーズン。少しくすんだピスタチオ色なら、かわいくなりすぎず大人もとり入れやすい。奥深さも出るため、秋冬の装いにもフィット。