「こう見せたい」という理想はあるけれど、他人目線だと抜けすぎていたり、はたまた悪目立ちしていたりと、温度差があるのがメイクの難しいところ。自分軸をぶらさず、周りからも”LIKE”を得たいならば…。ちょうどいいさじ加減を知るためのメイクレッスン。


FASHION + MAKE-UP
ファッション目線でメイクする
気合を入れてオシャレした結果、「服もメイクもトゥーマッチ」なんて経験は? 服と同様、顔まわりも質感や色にこだわって、アクセ感覚で選ぶとグッドバランス。


01_BLACK + NUDIE TONE
「光で飾る」
黒の強さに引けをとらないカラーレス
どこかで「締める」のがメイクのセオリーではあるけど、服がその役を担ったっていい。ツヤをまとっただけの顔にクールなモノトーンコーデが、しなやかなメリハリをつくり出す。


グレージャケット 52,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) ブラックロングワンピース 52,000円+税/SHO KURASINA(SHOWROOM UNO)


<ADVICE>
「同じツヤでも、ラメやパールの”シャイニー”では、たちまちコンサバ方向に振れてしまうので選びは慎重に。ぬれ感のある”グロウ”コスメで意思のあるツヤをまとって」(ヘア&メイク・木部明美さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「色はいらない。質感がアクセサリーになる」

a.エンリッチ オイル 4,950円+税/トーン 軽やかなオイル美容液。b.アンクル ド ポー オールアワーズ クッション SPF50+・PA+++ No.30 7,500円+税(セット価格)/イヴ・サンローラン・ボーテ c.ボーム エサンシエル ゴールデン ライト 5,500円+税(1月3日限定発売)/シャネル のせるだけでみずみずしいツヤ肌に。d.オンブル プルミエール ラック #26 3,900円+税(1月3日発売)/シャネル 肌にのばすと、ほんのり体温を感じるモーヴ ピーチピンクに。e.リップ バーム01A 3,700円+税(12月6日発売)/トム フォード ビューティ クラッチにも収まるミニサイズ。究極のシアーカラー。


<CLOSE-UP>


<HOW TO>
aの美容オイルを下地がわりに仕込んでからbのクッションファンデを肌全体にのばすと、うるおいを閉じ込めたハーフマットな肌に整う。ほお骨の位置にcを横に引き、指でぼかしてツヤ感をオン。目元はdをまぶたに点置きし、指でラフにのばしながら、目まわりを囲む。コンシーラーを唇にたたき、血色をおさえた上からeを塗り、あいまいに仕上げて。


02_BROWN + MATTE TEXTURE
「ドライな質感」
穏やかに甘んじないブラウン
ベーシックをねらうのではなく、あえて選ぶ”攻め”のブラウン。服もアイカラーもリップも、マットなベールでおおえば、浮かず、沈まず、無難にならないブラウンコーデの完成。

ブラウンボレロセットニットワンピース 17,000円+税/SNIDEL ルミネ新宿2店


<ADVICE>
「攻めたニュアンスを感じるブラウンメイクに合わせたのは、ぬくもりのある同色のボレロ。メイクから服まで質感をそろえたワントーンで遊ぶのも今年らしい選択」(スタイリスト・高木千智さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「波長を合わせた乾いたものどうし」

a.トーン タッチ アイズ 01 3,700円+税/SUQQU 品を感じさせるノンパールブラウン。ピュアな発色が肌色の引き立て役になる。b.コンスピキュアス マットリップス 07 4,300円+税(1月22日発売)/Amplitude 上質なマット感とほどよい軽さを両立。唇を染め抜いたような収まりのいいブラウンに。


<CLOSE-UP>



<HOW TO>
aのアイシャドウは目頭、目尻を避け、上まぶたの丸みに沿ってブラシで塗布。下まぶたも、ふくらみに合わせて塗り、目全体を丸くつくるのがコツ。コンサバ感が出てしまうマットなブラウンの場合、ノンマスカラくらいがベストバランスに。唇は、ワンストロークでbを塗る。マットな質感でありながら、赤みブラウンが透けて、ヌーディさも兼ねた、洗練された仕上がり。


03_RED + SEE-THROUGH RED
「透けるという奥行き」
レディな赤に直球で打ち返す赤
上がりどころのある赤のカーディガンにそでを通したら、ポイントメイクも赤でエナジーをチャージ。”透け”を味方に抜け感だけでなく違いのわかる粋な女性を気どって。

赤カーディガン 12,000円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) オフ白ボウタイつきブラウス 7,990円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン カスタマーサービス)


<ADVICE>
「組み合わせるだけでレトロに舵を切れるボウタイブラウスが、強気な赤をマイルドに変換。クラシックに結んだタイで、やわらかくレディッシュに仕上がります」(スタイリスト・高木千智さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「透ける赤のリフレインで抑揚をつける」

a.ピュア カラー ブラッシュ 118 5,500円+税(1月10日限定発売)/SUQQU 2色のチークがふわりとほおを染める。b.リップスティック N 104 3,000円+税(セット価格・ともに1月5日発売)/ポール & ジョー ボーテ 透け感のある赤でチークの血色にリンク。c.プリペラ インクカラー カラ #09 ピンク ティー ブラウン 1,382円+税(編集部調べ)/CLUB CLIO公式 Qoo10店


<CLOSE-UP>


<HOW TO>
aをブラシでまぜて、目の下のくぼみに沿って塗り、ポッと上気したような肌に。bを実際の唇の輪郭よりもややオーバーぎみに塗ることで、ぽってりとした、あどけない表情に。仕上げは、リップとのバランスを見て、aの濃い部分の色を、目の下のくぼみの中央に丸く重ね塗りして。チークが主役のメイクは、目元はカラーレスがベター。cを上下のまつ毛にさっとひと塗り。



WITHOUT BLACK, BROWN and RED
「いつものメイク」を見直すレパートリー
「黒をやめる」「赤以外を効かせてみる」など、定番コスメをほかの色に置きかえてみるのも新しい発見が。とり入れ方も、少し”いつも”からはずれてみると、ほどよい緊張感が生まれる。


04_NEO PINK
「はっきりしない色の中で」
特別感を宿すピンクのリフレイン
いつものアイメイクを休んでみる。かわりにトライするのは穏やかなピンク。あえて締まらない色をまぶたに宿し、さりげないパープルのあしらいを効かせて。

ネイビージャケット 32,000円+税/ビューティ&ユース トラディショナル ユニフォーム(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ロゴTシャツ 5,300円+税/ローラス(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)


<ADVICE>
「二重幅の埋め込みにはさりげなくパープルをポイントし、マスカラも再びパープルをリフレイン。少しだけ毒っ気を加えてピンクにそなわる甘さを引き算」(ヘア&メイク・木部明美さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「ピンクのレイヤーで生み出す奥行き」

a.ルナソル グラムウィンク ジュエリー EX06 3,500円+税(限定)/カネボウ化粧品 可憐なペタルピンク。b.ザ カラーシック アイライナー 09 2,500円+税/アディクション ビューティ 深みのある江戸紫でモードと色っぽさのいいとこ取り。c.アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ 104 4,300円+税(1月10日限定発売)/SUQQU つややかで深い紫。d.チーキーシークブラッシュ 19 3,000円+税/THREE 青みを帯びたはかない表情に。e.リップスティック コンフォート エアリーシャイン 03 3,500円+税(1月3日発売)/RMK Division 唇でオイルがとけ、ぬれツヤ感を演出。


<CLOSE-UP>


<HOW TO>
目元はaを上まぶたの外側1/3から、目尻、下まぶたの外側1/3までを囲うように、ブラシでのばす。さらに、目を開けたとき、目尻の二重の線がくる位置にbを5mmほど引く。こうすることで二重幅をぐっと引き立たせる効果が。下まつ毛のみにcを塗り、日差しの下で色気のある影を演出。目のすぐ下に、aに重なるようチークdを目と同じ幅でぼかす。唇はeを直塗り。


05_NUANCE BLACK
「黒の延長線にある色」
彩度を落とした深い色で刷新する
目元になじみやすいけど黒ではない深いグリーンを目尻ラインとして。さらに、インサイドにはゴールドのアイライナーがキラリ。相反するカラーの新しい関係性を発見。


ベージュニット 29,000円+税/RHC(ロンハーマン) グリーンサテンパンツ 15,000円+税/パブリックトウキョウ(パブリックトウキョウ 渋谷店)


<ADVICE>
「メイクに遊びを効かせたぶん、服はベーシックを追求。シンプルなシルエットのワンツーコーデこそ、目を引く素材感や仕立てのよさが光るチョイスを」(スタイリスト・高木千智さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「あいまい色ニットに甘えて計算ずくのプレイフル」

a.ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8200 3,000円+税 モードさを漂わせるスモーキーグリーン。b.同 8224 3,000円+税 白目をクリアに見せるイエローゴールド。2色のかけ合わせでプレイフルに。/ともにNARS JAPAN c.コンスピキュアス チークス 09 6,800円+税(1月22日発売)/Amplitude イエローオレンジのヘルシーなチークに、ゴールドのハイライトをオン。フレッシュなツヤ肌に。d.ディグニファイド リップス EX 06(限定) 3,200円+税/セルヴォーク 絶妙なナマっぽさを生むイノセントコーラル。


<CLOSE-UP>


<HOW TO>
チークは顔のまん中寄りに塗ることでミニマルなつくりにする効果が。c-1をブラシにとり、小鼻と同じ高さの両ほおにオン。さらにc-2を1の半分ほどに塗り重ねるよう、目の下にぼかして。目元はbで隙間を埋めるようにインサイドを引いたら、目を開けたままaを上まぶたの目尻につなぐよう真横に引く。リップはdを輪郭よりややオーバーぎみに塗ってメリハリをつけて。


06_W LUMINANCE
「光を重ねる」
異なる輝度でつくる印象の幅
ひと口にツヤといっても、グリッターのうるみ、パールの微細な光沢、ビニールのようなコート感と、その質感は同じようで違う。シルキーな色づかいとあらゆるツヤをまとった印象的な顔に。

白スヌードつきニットワンピース 38,000円+税/コンバース トウキョウ × ミュベール(コンバース トウキョウ 青山) ヘアピン(7本セット) 15,000円+税/カリン(エスエムオー)


<ADVICE>
「質感をコントロールすれば、メイクに幅が出て新しい相乗効果が。きらめかせることをためらわないで」(ヘア&メイク・木部明美さん)


 MAKE-UP PROCESS 
「基本は淡く。光の微差でメリハリをつくる」

a.ソレイユ アイ カラー クォード 02 10,200円+税(12月6日限定発売)/トム フォード ビューティ 太陽に照らされた雪の輝きにインスパイア。b.グリッター ゴールズ リキッド アイライナー GGLEL 04 1,200円+税/ニックス プロフェッショナル メイクアップ ゴールドグリッターのアイライナー。c.ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム N°421 4,100円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ 唇をそっと引き立てるスキンベージュ。コーティングしたかのような立体感。


<CLOSE-UP>



<HOW TO>
アイホールのまん中寄りにa-1を塗る。上下のまぶたの目尻にa-2を幅広めにのばし、アイシーな輝きをオン。目尻は囲わず、グリーンをポイントで見せることに集中して。下まぶたに塗った2に重ならないよう、目のキワにbを引く。唇はcのヌーディカラーで総仕上げ。異なる光をまとった、センスある仕上がりに。