着ることだけを目的にしない。着た先に続く楽しみを多く想像できる服の条件として、ハズせないのが「シンプル」であること。新しさとのフィット感、飽きのこない汎用性の高さ、素材感だけで満たされる心地よさ。ふつうでも特別でもない。「シンプル」の解釈を広げることから始まる、ムダのないワードローブのつくり方。


あいまいな服がうまくなる
新たな締め色=黒の中でも「あせたデニム」で
ニュアンスカラーや余白のあるシルエットなど、「あいまいさ」が目立つ今季。簡単に引き締まる黒の中でも、強すぎない「黒デニム」ありきで考えるベストなバランスを検証。


+
BEIGE HALF SLEEVE TOP
「色も形もあいまいなトップスを支える」
半そで以上長そで未満のハンパなスリーブに加え、白とベージュの間のようなニュアンスカラーのリブTシャツ。そのムードを壊すことなく支えるのは「あせた黒」の一択で。

よくあるカジュアルと一線を画す「そでの微差」
ベージュリブTシャツ 13,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) 黒ウォッシュデニムパンツ 12,000円+税/Lee(リー・ジャパン カスタマーサービス) ベンチに掛けたコート 18,500円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) サンダル 6,900円+税/RANDA 定番色どうしなのに全体があせたようなトーンが新しい。


+
MINT GREEN JACKET
「かわいい色でも大人っぽさを保つために」
少し勇気のいるパステルカラーのジャケット。ブルーデニムだとハズしすぎてしまうところ、締めもハズしも担う、細身のあせた黒デニムとならうまくいく。

気楽なモノトーンで支えるだけの単純なアイディア
ミントグリーンジャケット 27,000円+税/シティショップ 白Tシャツ(2枚組) 2,700円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 黒デニムパンツ 21,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) パンプス 54,000円+税/ペリーコ(ドレステリア 新宿店) 白Tと黒デニム。難易度の高い淡い色ほど、気どらないモノトーンを軸にすれば失敗しない。


白Tのかわりとなるもの
「白をまぜたような」色Tを
これからの季節に欠かせない白Tの「息抜き」となるものをひと足先にセットしておく。今までのボトムは変えずにシフトできる、白の延長線上にある色みでセレクト。


CREAM BEIGE

さらにライトなパンツを添えて彩度を落としたグラデーション
ベージュTシャツ 6,800円+税/ベースレンジ(エディット フォー ルル) ライトベージュパンツ 28,000円+税/ebure サングラス 25,000円+税/LAVID トートバッグ 4,800円+税/Milltown BRAND(メイデン・カンパニー) パンプス 5,900円+税/RANDA インナー/スタイリスト私物 ライトベージュに白パンプス。上から下にかけて白に近づけるグラデーション。



LIGHT BEIGE
ベージュアシンメトリーTシャツ 8,000円+税/シティショップ シンプルなボトムに添えるだけで個性を語れる不規則なシルエット。



PALE PINK
ピンクTシャツ 9,900円+税/ATON(ATON AOYAMA) よくあるTシャツよりそで山が高いことで、1枚でも端正な表情に。



LIGHT BLUE
ライトブルーTシャツ 11,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) 夏に着る楽しみも想像できる、清涼感のある薄手のブルー。



YELLOW BEIGE
ベージュドルマンスリーブ 6,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) 二の腕をほっそりと見せる余白のあるスリーブ。



IVORY
アイボリーパフスリーブTシャツ 10,000円+税/クラネ(クラネデザイン) グレーと白とベージュの間をとったようなニュアンス。



SMOKY BEIGE
ベージュTシャツ 12,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) グレーを帯びた渋さ。