夏と秋を行き来するどっちつかずな時期こそ、多彩なテイストや素材の組み合わせを幅広く楽しめる。8月末から9月末にかけての1カ月を想定して、投入したいアイテム、試したいコーディネートをシミュレーション!
※この企画のコーディネートは、過去のGISELeで紹介したものです。



ジャケットがわりに端正なジレをはおる
暑くてもきちんとしたい日。腕を出して知性をまとえるジレを活用。ノースリーブどうしを重ねて縦のラインをきわ立たせるのも、この時期ならではのスタイルUPの方法。



もこもこ小物を添えてひと足「先」へ
8月末になると夏の定番もどこか食傷ぎみ。更新するなら、先取り感とかわいげを同時に足せる秋冬素材のバッグがベスト。秋も旬の淡い色を選び重くなりすぎないよう調整。



適度な日焼けメイクを再び
夏の思い出に浸る休日。オレンジチークを狭い範囲で塗り、日差しをたっぷり浴びたあとのようなヘルシーな雰囲気に。リネンなど涼しげなトップスにも、どこか夏の終わりを感じさせる気だるさが加わる。



チアフルな柄をワンピの下に重ねて
テンションを上げてくれる柄も、秋に近づくにつれて「ひかえめ」に使うのが気分。リラクシーなワンピの中から少しのぞかせて、メリハリづけに利用するぐらいがちょうどいい。



コンサバな服で暖かい色を採用
残暑が続く9月初めは定番アイテムを深いブラウンに変えて、色で季節を更新。シャツやフレアスカートなどキレイめな服でなら、白Tやデニムを着る日もクラシカルに。


「甘い白」をラフに着ない

季節問わずの黒で甘い白をトーンダウン
甘い白をラフに着ない。秋にも持ち越したいガーリーなデザインの白ブラウス。正統派なセットアップと合わせて高貴なレトロムードへと気分転換。白黒で整えて、さらにシックな甘辛スタイルを表現。



シューズからそろそろ衣替え
パンプスほど緊張感が出ず、スニーカーほどラフすぎない、中間的存在の短め丈ブーツがそろそろ出番。夏から続く白シャツ+デニムの見慣れた合わせも秋寄りにシフト。



スカートをはく日は渋い赤とともに
往年の女優のような高貴な女性らしさを演出できる明度を落とした赤。スカートでLADYに装いたいとき、ベーシックな装いに1色入れるだけで日常をドラマチックに彩ってくれる。



奥行きづくりに黒のハイネックを
胸元が深く開いたワンピースのインナーに、ノースリのハイネックトップスをIN。端正な黒が、ゆったり長いワンピースを上品なムードに寄せつつ、きゃしゃな体を演出。



温度調整に「はおれるニット」を常備
徐々に一日の中で気温差が大きくなるころ。OFFの日はラクな服の飾りとしても使える大判のニットストール、ONの日はきちっと上品に整うコンパクトなニットカーデを用意。



ロングブーツで腰から下をひとつなぎ
視線を縦にすっと流せる、今季豊富なロングブーツはイチ早くお気に入りに目星をつけたい。細身の形で、タイツほどほっこりせず脚のラインをスリム化。

【READ MORE】
30日間分のコーディネートをシミュレーション!
➤どっちつかずな「9月だから楽しめる」30コーディネート