組み合わせを問わない秋冬パンツのベストアンサー。注目すべきは着心地のよさとキレイなフォルム。信頼できるプロたちの口コミつきでご紹介
※この企画内のコーディネートは過去のGISELeで紹介したものです。


すべての名品アイテムを画像一覧でみる

from STYLIST
「〇〇だから」コレがいい
数あるパンツの中から、GISELeスタイリストのお墨付きを得た6本を公開。事あるごとに頼ってしまう、「理由のある名品」をバックナンバーとともにプレイバック。


BRAND : UNCRAVE
ITEM : CALENDERD TWILL SUSPENDERS PANTS

「やっと見つけた色も形も理想のブラウン」
10月号のブラウン企画で美形パンツを探していた際、出会った1本。上品な雰囲気と今っぽさを兼ねる、深い色みと適度な細さは想像どおり合わせやすくて大活躍。サスペンダーつきというのが新鮮。(stylist 岩田槙子さん)

16,000円+税/UNCRAVE 綾織りの目がきわ立つウール生地により、フォーマルすぎずカジュアルなトップスや足元とも好相性。


BRAND : HAVEL studio
ITEM : LoroPiana WOOL PANTS

「ウールとは思えない圧倒的にキレイな立ち姿」
紳士っぽいすらりとした形が美しく、毎月のようにリース。ウールにありがちなほっこり感がなく、シャープな雰囲気で着られます。黒ほど気張らずデニムほど抜けてもいない、濃紺というのも便利。(stylist 渡邉恵子さん)

43,000円+税/HAVEL studio(アイクエスト ショールーム) 伊・最高級ウールメーカー、Loro Piana社の梳毛を使用。自然なツヤが特徴。


BRAND : Heimkunft
ITEM : STRAP PANTS

「この白パンツなら気負わずはける」
アタリの出やすい白系ボトムも、地厚なウールだから安心。のっぺり見えないセンタープレスもありがたい。ひかえめなようで存在感があるので、ロンTやリブタートルなど定番な合わせでも十分「もつ」。(stylist 渡邉恵子さん)

47,000円+税/ハイムクンフト(モクオン) ウールやアンゴラ混のやわらかな肌ざわり。グレーやベージュのニュアンスで親しみやすい。


BRAND : beautiful people
ITEM : WOOL GABARDINE ZIP-UP HEM PANTS

「好感度に加えて辛さもある」
直線的なラインながらわずかなゆとりがあるので、白シャツを合わせてもまじめすぎないのがいい。すそのジップを開けて肌をのぞかせたら、ほんのりエッジが足せるので、上品なパンプスも新鮮に。(stylist 高木千智さん)

39,000円+税/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) 脚線を強調することなく、すらりとした印象がかなう。


BRAND : THE SHINZONE
ITEM : HIGH WAIST CHINO PANTS

「レディな空気が似合うから」
チノパンを探すなら、メンズライクなボトムがそろうTHE SHINZONEが頼りに。ワイドすぎない形に、締まったウエストライン。ラフな中に品のよさも計算されていて、女らしい服やメイクとも相愛。(stylist 岩田槙子さん)

19,000円+税/THE SHINZONE(Shinzone 表参道店) 快適なコットン100%ながらスラックスを思わせるハリときちんと感が人気。


BRAND : SECOND FEMALE
ITEM : EIMY TROUSERS

「総柄なのに組み合わせやすい」
大人も着やすい黒ベースの柄パンツでも、さらに甘さをおさえた×イエローの配色が好み。適度なシャリ感があってパジャマっぽく見えないので、ゆるめのトップスと合わせてもオシャレにまとまります。(stylist 渡邉恵子さん)

14,000円+税/セカンド フィメール(スピック&スパン ルミネ新宿店) すとんとしたストレートラインもキレを演出する勝因に。