選択肢の多さゆえ一朝一夕にはいかない「本当に使える服」との出会い。そこで、着まわすうえでプラスに働く名品をGISELeスタイリストがリストアップ。定番から新たなデザインまで、何度も使いたくなる無二のポイントをプロが解説。

【画像一覧】目利きのプロに選ばれた12アイテム

COMFY INNER
中に着込む「インナー事情」
保温性や肌あたり、トップスからのぞいたときのいやみのなさ。細かなことが気になるインナーこそ、スタイリストの口コミを信じて正解。


KNIT

ダークブラウンがあたたかみを演出
ニットタンクトップ 11,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) 「ぬくもりのあるニット地で冬のインナーとして重宝。暗めのブラウンは下着っぽさがなく優秀」(岩田さん)


CUP IN CAMISOLE

Vネックトップスのインナーに
アイボリーカップつきキャミ 14,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) 「胸元が深く開いたシルエットで、シャツやVネックニットのインナーにしても、見えないからいい」(出口さん)


KNIT BUSTIER

胸元をフラットに整えてくれる
黒リブブラトップ 12,000円+税/styling/(styling/ 新宿ルミネ1店) 「見せるインナーとしてはもちろん、ブラウスなど胸元をすっきりさせたいときに便利。コシのあるリブニットなので、ボリュームをおさえられる」(石関さん)


ECO LEATHER

「レザー調」ならほっこり見えずハンサム
白レギンス 6,900円+税/SeaRoomlynn 「めずらしいエコレザー製のレギンス。インナー専用ではないので1枚でも着られますが、ビッグサイズのスエットやニットの下で気分転換に使えそう」(渡邉さん)


NAVY TIGHTS

黒よりも活用頻度が高め
ネイビータイツ(70デニール) 1,300円+税/タビオ 「黒にほぼ近いネイビーですが、ちょっとした色みの差でベーシックカラーの装いを、ふつう以上に仕上げてくれて優秀」(樋口さん)


FLUFFY CLOTH
着ぶくれ知らずな「もこもこ・ふわふわ」
一点投入でおなじみのワードローブにあたたかみを足せる、フラッフィな質感に着目。もたつく心配のない3着を公開。


WHITE BOA

ベーシックな白の質感だけ目新しく
ボアトップス 9,545円+税/COS(COS 銀座店) 「同じ白でも、表面がもこもこしているだけで、全体の温度感が上昇」(岩田さん)


MINT SHAGGY

フォギーな質感がキレイ色を身近に
ミントシャギーコート 6,900円+税/w closet(WEARS) 「ふんわりとした風合いで色の存在感が和らぐ。前を閉じてニットっぽく着るのもアリ」(渡邉さん)


PINK BOA

スエット感覚のコンパクトなサイジング
ボアプルオーバー 3,990円(税込み)/Gap(Gap新宿フラッグス店) 「クルーネック&ジャストサイズと形がシンプルなら、ボトムを選ばず優秀。くすんだピンクが目新しい」(高木さん)


RELAX MOOD
シルエット以上に「ラクできるワンピース」
1枚着るだけでコーディネートが完成する、ありがたいワンピースにもう一声。何度も着たくなる扱いやすさと、アレンジのしがいがある名品をリストアップ。


DRESSY DESIGN

辛口な人に着てほしい1枚
ピンクティアードマキシワンピース 32,000円+税/Jilky 「ダスティピンクの甘すぎないワンピース。細かく入ったギャザーとほのかな光沢で、確実に着やせするデザイン」(樋口さん)


WIDE WOOL

シーズンをまたげるシルエットと丈感
ウールワンピース29,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) そでがやや短めだったり、オーバーサイズだったり、ウールでも軽やかなので、春まで活用」(石関さん)


LOOSE KNIT

女度を引き算するドライな風合い
ニットワンピース 31,000円+税/kei shirahata(styling/) 「ドライな生地で、フェミニンに転びすぎない。深Vが女っぽいぶん、メンズライクなコートを合わせたい」(高木さん)


LAYERED DESIGN

レイヤード風な形で簡単にシャレ感を演出
カーキニットワンピース 16,000円+税/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) 「タートル×ワンピースの重ね着風デザインは、渋い色で大人っぽく」(出口さん)



YASUKO ISHIZEKI
石関靖子さん
創刊からGISELeにたずさわるベテラン・スタイリスト。上質かつ、一点で主役をはれるアイテムの選びが得意。



KEIKO WATANABE
渡邉恵子さん
「カジュアルなのに女っぽい」「キレイなのに抜けもある」、絶妙なさじ加減のセレクトと合わせ技に定評あり。



KAORI HIGUCHI
樋口かほりさん
肩の力を抜いて着られる、シンプルカジュアルなスタイリングが人気。リアリティのあるアイテム選びは必見。



MAKIKO IWATA
岩田槙子さん
まじめにもモードにも転ぶ、柔軟性の高いキレイめスタイルが鉄板。大人も使いやすい旬アイテムの提案にも注目。



CHISATO TAKAGI
高木千智さん
キレのあるハンサムな装いが得意。自身もメンズ服をとり入れることが多く、シンプル服のこなし方を心得ている。



NATSUKO DEGUCHI
出口奈津子さん
GISELeでは定番服を比較する企画を担当することも多く、「使えるブランド」を熟知。遊びある小物づかいも得意。