スタイリングの完成度を左右する、デニムの日の足元事情。デザイン性のあるシューズやソックスありきのアレンジなど。ストリートから得た21のヒントを選出。

【画像一覧】装いのヒントが見つかる「実績のある実例」

01_MONOTONE

「テーマ性のあるモノトーン」
インディゴを都会的な雰囲気に導く黒白配色。メンズライクなローファーも(右)、レディなストラップシューズも(左)、シックなモノトーンならデニムにとってすぎない装飾として作用。


02_COLORFUL SNEAKERS

「すそを重ねてスニーカーの重みを払う」
カラフルかつずっしりとしたスニーカーは、デニムのすそをかぶせるようにして存在感をセーブ。緊張感のあるジャケットにとっても、ちょうどいいハズしに。


03_SMART STYLE

「淡色デニムとベージュのクラシックな関係」
ブーツの色みと合わせ、ジャケットもバッグも同系色にまとめて統一感を。太めのストレートデニム×ベージュでも、わずかに切れ味をもたらすポインテッドトゥだから印象がぼやけない。


04_WHITE POINT

「肌を見せずに抜けを出す」
ハイネック×ロングコート×黒スキニーで上から下まで暗色でまとめたコーディネート。足元に1点の白をプラスすれば、瞬時にトーンアップ。


05_DECORATION

「靴だけで自己主張」
ジャケット&デニムのオーソドックスなスタイリングだからできる、BIGリボンの飾り。足元に1つだけ効かせるぐらいなら、奇抜にならず大人に似合うかわいさに落ち着く。


06_SEE THROUGH

「デニムに反する透明感」
デニム自体もクリアな白、さらに透け感のあるブーツを添えてどこまでも軽やかに。仕上げに上品な淡色のロングコートをはおって、カジュアルからの脱却を。


07_COOL FEET

「デニムを軸に“上は重く・下は肌見せ“」
コートやジャケットなど冬の名残のある上半身に対して、足元は先端や甲から肌をのぞかせたシーズンMIX。季節を問わないデニムが軸だから違和感もなし。抜け感に加え、きゃしゃなヒールがデニムとのいいギャップを生む。


08_VELOUR MATERIAL

「ハードなデニムに高貴なベロア」
デニムの中でもカジュアルなイメージの強いカットオフ。素材もデザインもエレガントに振り切った1足でそれぞれを引き立たせる作戦。コクのあるキャメルなら甘すぎず、インディゴブルーとの深みのあるカラーリングも堪能できる。


09_RED SOCKS

「“足りない部分“はシンプルな赤で補う」
短丈デニムと白ブーツの隙間を埋めるように赤ソックスを。あせた色みのデニムなら、赤×白とのコントラストも強すぎない。


10_LADY MOOD

「デニムをいいことに攻めたタイツをのぞかせる」
主張の強いセンシュアルなタイツ。さらにデコラティブなパンプスを添えたレディを貫いた足元は、どう転んでもラフなデニムとだからこそできる遊びの1つ。


11_ONE TONE

「デニムに合わせてワントーン」
上から下まで、ライトな“デニムブルー“で統一。あいまいなカラーでも異なる素材感の組み合わせで、ぼんやりとした印象を回避。


12_METALLIC

「アクセサリー的にメタリック」
デニムにエッジを効かせるきらびやかな光沢ブーツ。グレー感覚で使えるシルバーなら、ハードになりすぎない。


13_LONG LENGTH DENIM

「わざと余らせてボーイッシュ」
ワイドかつ有り余るレングスを利用した、ねらいどおりのルーズ感。「のぞく程度」であることを見込んでシューズの色や形にはエッジを効かせ、さらに角のあるバッグやジャケットを合わせれば、ゆったりとしたボトムラインもだらしなく見えない。


14_VIVID PINK

「ヴィヴィッドカラーは“のぞかせる“」
インパクトのある色はあえてロング丈のデニムをかぶせるようにすれば、悪目立ちしない。強く小さく色を効かせることが、スタイリング全体の引き締めにも直結。


15_ROLL UP

「さし色も担うロールアップ」
白っぽい裏地が深色デニムにメリハリづけ。余計なものは足さずとも、すそを折るだけでアクセントになる。


16_WARM MATERIAL

「細身のデニムとボリュームファー」
タイトなデニムとボリューミィなファーの対比によって、ひざから下がほっそりとした印象に。抜け感と親しみやすさも確保できるサンダルタイプがベター。


17_SANDAL STYLE

「靴下INで今からサンダル」
ひと足先にサンダルをはき始めたいときのアイディア。色もデザインも、ごくベーシックなソックスを選べばちぐはぐに見えない。


18_FLASHY YELLOW

「派手色パンプスをグレーで中和」
カラーパンプスをさりげなく効かせたいとき、ソックスは黒でも白でもなく間をとったグレーで適度にトーンダウンを。デニムもあせた黒やグレーなら、さらにまとまる。


19_ALL BLACK

「スタイリングを正す黒の脚線」
腰から下の、フォルムも色づかいもそぎ落とされた、隙のないALL黒。BIGジャケット&シアーな柄ブラウス(右)やレディな千格格子柄コート(左)も、よりすっきりと着こなせる。


20_RED SNEAKERS

「ショートブーツがわりにハイカットのコンバース」
デニムの丈とつなげて一体化させるようにハイカットをセレクト。無駄のないシルエットにより、思い切った配色でも派手になりすぎない。


21_SOCKS × LADY PUMPS

「パンプスの存在感を高めるためのレイヤード」
シューズの色やデザインを強調したいときは、黒や白ソックスを重ねることで生まれるコントラストを利用。インディゴデニムとの3色の分割によって、さらなるインパクトが。