今欲しいと思うアイテムは、次の季節にも使えるムダのない服。ベーシックから新鮮味のあるデザインまで、長く使えて最短で「好き」に作用するものをGISELeスタイリストが徹底解説。


FROM COORDINATE ROOM
スタイリストたち自身がすでにキープしたもの
それぞれが、すでにキープしているアイテムをご紹介。惹かれた理由や、どう着るかの計画など、コーディネートルームでのスタイリストたちの話とともにレポート。

【画像一覧】スタイリストがキープしたアイテム8選


A. Shinonagumo

白レザーひもつきバケットハット 18,000円+税/シノナグモ(メゾン イエナ)


B. LACOSTE

ベージュチルデンニット(メンズ) 20,000円+税/LACOSTE(ラコステお客様センター)


C. Barbour

ブラウンブルゾン 42,000円+税/Barbour(シティショップ)


D. nagonstans

グリーンロンT 19,000円+税/nagonstans


E. BALI WERKSTAETTE

イエローかごバッグ(22×23×10) 6,000円+税/バリ・ワークスタット(ショールーム 233)


F. ENFOLD

レースアップ黒シューズ 39,000円+税/ENFOLD


G. TODAYFUL

白パンツ 12,400円+税/TODAYFUL(LIFE‘s 代官山店)


H. MARIHA

ドット柄ギャザースカート(6月展開予定) 28,000円+税/マリハ(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店)


樋口さん:Aのハットはキャンバス地の白にレザーのひもがついていて、カジュアルにもコンサバにもシーンレスで使えるのが特徴。シンプルスタイルでもの足りなさを感じたときにとり入れたい。瞬時に印象が変えられる顔まわりの小物は、目につきやすい帽子などでとり入れるのが好みです。
渡邉さん:私がキープしたのがシャツなどをレイヤードして楽しみたいBのニット。実はメンズ用のアイテムなのですが、女性が着てもだらしなく見えないシャープなデザイン。深Vを強調するかのようにあしらった赤&青の2色のラインがレトロなムードに寄せていてかわいい。メンズサイズのゆったりとしたフォルムだけど、そで&すそのリブですっきり見えるのも魅力のひとつですね。
岩田さん:メンズっぽいアイテムもどこか上品に導くポイントのあるものを選ぶのがコツ。なかでも私的に注目しているのがブルゾン。Cはえり元がレザーになっているので、カジュアルになりすぎず品のよさをキープできる。さらに、少量のダークグリーンの切り替えで大人っぽいイメージもプラス。中に着込んでもかさばりにくいサイズ感もお気に入りです。
高木さん:今季も欠かせないオーバーサイズ。とはいえ、サイドスリットや前後差のある丈感など、どこかシャープな箇所があるのがマスト。そういうところでも、DのロンTはななめのすそやユニークなカッティングにひとめボレ。個性的なデザイン&さわやかなグリーンでコーディネートのアクセントとして活躍しそう。
出口さん:私はプラスチックでできた黄色のかごバッグ(E)。派手な黄色も白と組み合わすことで、スタイリングをじゃましない、ちょうどいい絶妙な色合いに落ち着く。形くずれしづらくガンガン使えるのもうれしい。またFのシューズは甲の部分に長方形状の開きがあるのが特徴。カラフルな靴下をのぞかせて、遊びを効かせた足元に仕上げたい。シャープなトゥ×分厚いヒールでスタイルアップにもつながります。
岩田さん:Gのパンツはスタイリングでも、つい使ってしまうほど優秀なポイントがたくさん。ベルトループがないのでローライズでも美脚に見えます。センタープレスの入った、ワイドすぎずストレートすぎないシルエットで、ローヒールと合わせても、スタイルがよく見えるという非の打ちどころのない1本。
石関さん:ドット柄のスカート(H)は珍しいアイテムではないですが、これはほんのり透け感のあるコットン素材で、重たく見えないというところに惹かれました。細かいタックがはいっていて大柄でもすっきり。ウエストゴムとボディラインをひろわないフレアなすそで、ラクにキレイな見た目に仕上がります。


STYLIST MEMBERS

Yasuko Ishizeki
創刊当初からGISELeにたずさわる敏腕スタイリスト。キレイめ×カジュアルなど異なるテイストをMIXした大人カジュアルが好評。



Keiko Watanabe
女性らしさと品のよさを両立させた、絶妙なさじ加減のコーディネートが人気。新鮮ながら、浮かない色&形のチョイスはピカイチ。



Kaori Higuchi
大人に似合う、力の抜けたカジュアルなスタイリングにファン多数。最近は「着心地のよさ」を重視した、シンプルなアイテムが気分。



Makiko Iwata
かわいさと個性を融合させた甘辛ルックに多くの支持が。試しやすい旬なアイテム選定やスタイルアップにつながる提案にも注目。



Chisato Takagi
メンズっぽいアイテムを合わせて女らしさを引き出す装いに定評あり。キャッチィな色づかいやハズしにもなるアイテム選びも得意。



Natsuko Deguchi
エッジィなストリート感をちりばめたカジュアルスタイルが定番。靴やバッグの企画を多く担当しキレイに導く小物づかいも熟知。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。