【PART1】
「ほぼ白」配色でうまくいく
ワントーンで着ることもレパートリーの1つにぜひ加えたい、色みの幅が広がった今季の白。キレイとリラックスのバランスがとれたコーディネートに導く、おさえておきたい3つのテクニックをご紹介。

【画像一覧】白ワントーンが上手くなる9つのスタイル実例


1⃣
「素材に向く色みを選ぶ」
クリームがかった色みが似合うニット、乾いたリネンに合うグレイッシュな色み、真っ白で爽快なTシャツ、素材の長所を引き立てる、ベストな色みの白を見極めれば、ワントーンで着るときにも必然的に奥行きが生まれ、バランスも簡単に整えやすい。

クリアな白Tがさし色になる
ミルキーなセットアップを創生

白ジャケット 12,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) 白ノースリーブTシャツ 12,100円/ソブ(フィルム) 白センタープレスパンツ 26,400円/FLOML(TSI) ブレスレット 13,200円/ソワリー(スローブ イエナ 自由が丘店) リング(セット) 17,600円/LADY GREY(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) バッグ 29,700円/MARY AL TERNA(マルティニークルコント ルミネ有楽町) サンダル 10,780円/ティキーズ(カレンソロジー 新宿) インナー/スタイリスト私物



2⃣
「ロゴでハズして親近感」
ベーシックカラーの中でも派手な色とも言える白をメインで使うときは、どこかに親しみやすさを加えることも1つの手段。たとえば白Tにあしらわれたシンプルなロゴ1つで、隙のない白の上下がなごむきっかけに。

クセのないALL白にとっては
「胸元だけ」でも意味が増す

白プリントTシャツ 5,500円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 白センタープレスフレアパンツ 17,600円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) サングラス 27,500円/BLANC サンダル 13,750円/AKTE 50年代の広告から着想したレタード。胸元だけでもどこかヴィンテージライクなムードを放つ存在感。パンツもフレアに更新し、なつかしさを強化。



3⃣
「重みのある白で包み込む」
夏の組み合わせネタの1つに加えたい、タンクトップやキャミソールなど肌感のあるトップス+ざっくりニット。ニットもインナーよりくすんだ白なら、簡単に親しみやすさもクリアできる。

シャープな白の角がとれる色みも
着方もアバウトなニット

白ニットカーディガン 16,500円/BLACK BY MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) 白タンクトップ 2,750円/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター) 白セミワイドパンツ 27,500円/デ・プレ サンダル 20,900円/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿1) 素肌の上をすべらせるように、ガウン感覚でカーディガンをレイヤード。密着度の高いタンクトップによるボディラインをごまかせる効果も。