Tシャツ好きが選りすぐった
「お気に入りの1枚」を調査!
ちょっとしたサイズ感の違いやカッティング、こだわりのあるインナーなど、スタイリストやデザイナー、アパレルプレスなど数多くのTシャツを見てきたオシャレ好きが選んだ「お気に入り」の1枚を収集。目利きの彼女たちが愛してやまない「ちがい」とは?
※価格のないものはすべて私物です。



キャラやロゴものこそ「ゆるく着る」
気だるげに着られるメンズのシルエットだと、キャッチーなプリントものでも力が抜けて大人に似合うバランス感に。ブラウンTは海外誌i-DマガジンとCACTUS JACKのコラボ、キャラTは古着です。(DIESELプレス/井上沙理さん)



「女らしく見せたいから」メンズサイズ
レディースにはない絶妙な色みが見つかるH&MのメンズT。微光沢があるから大人っぽく、高見えするのでオススメです。Mサイズでゆったり着ると、女らしいアクセやシューズに手が出しやすくなるのも強み。(スタイリスト/小山田早織さん)



重ねたときに改めて「良さ」がわかる
10,780円/ザ シンゾーン(Shinzone ルミネ新宿店) 重ね着したときに絶妙なあんばいで白/黒がのぞく、首のつまりぐあいにこだわりが。脇役づかいも考慮して選ぶと、必要な形が見えてくる。(Shinzoneプレス/戸塚友理さん)



「低身長」におすすめの1枚
身長が低いので、ハイウエストボトムとのバランスがいいZARAのクロップトTシャツは頼れる存在。オーバーオールなどボリュームのあるボトムを合わせても、もたつかないので手放せません。(Gelsominoバイヤー/田代裕美恵さん)



注目の「新鋭ブランド」のボーダー
9,900円/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 韓国の新鋭ブランド・The Open Product。ハリのあるリブ編みが品のよさを演出し、カジュアルな太ボーダーも女らしく。(BEAUTY&YOUTHプレス/右田舞花さん)



何度着ても「飽きない・ヨレない」
各7,370円/ロク 渋谷キャットストリート店 ガシガシ使いたいパックTこそ、信頼できるブランドにつきる。BATONER×6のものは、光沢のあるしっかりとした生地でヨレにくい。(BEAUTY&YOUTHプレス/右田さん)



「コットンには出せない風合い」
毎シーズン買い足すBaserangeのベロアTシャツは6着保持。ベロアならではのニュアンスと発色がありそうでない唯一無二の存在。合わせる色を選ばないし、1枚でも映えるので重宝。(インフルエンサー/マイさん@im_5868)



「ロールアップ」で変わる表情
15,400円/マチュアリー(ビームス ウィメン 原宿) ドルマン型の長めそでをロールアップすると、ブラウスのような独特の丸みが誕生。シンプルな半そでには出せないこなれ感がかないます。(BEAMSプレス/萩原聡子さん)



よく着るからこそ「ちょっといいもの」
出番の多いパックTは、生地がしっかりしていてよれにくい頼れるブランドで探すのも手。なかでも、ジルサンダーのものは首元のフィット感が絶妙で、INにもOUTにも使いやすく着まわし力抜群です。(スタイリスト/小山田さん)



「Tシャツ以上・ポロ未満」
9,350円/シップス エニィ 渋谷店 あのラコステのポロシャツを大人っぽく、キレイめに仕上げた1枚。かのこを用いてさわやかさはそのまま、えりをなくすことで都会的に。柔和なベージュで女性らしく。(SHIPSプレス/半田麗さん)



キッズのほうがへたれず丈夫!
160cmまで展開があるUNIQLOのキッズT。首元のリブが太くてへたれにくく、重ね着しても腕まわりのもたつきがなくストレスフリー。ブランドタグがプリントなのも着心地のよさをじゃませず魅力的。(モデル・俳優/千國めぐみさん)



「インナーで遊べる」
9,500円/STOCK 配色のかわいいスイムウエアを、白Tのインナーとして使いたい。ナチュラルな風合いのピンク×ブラウンなら街にも似合うし、ハイウエストボトムでおなかまわりをカバーできるのもうれしい。(ライター/R・N)



アメリカ製ならではの質感
6,380円/ザ シンゾーン(Shinzone ルミネ新宿店) アメリカ製のコットンにしか出せない少しムラのある表面感が特徴の新作。プレーンながらヴィンテージのような風合いを楽しめます。(Shinzoneプレス/戸塚さん)



ベージュは「色み」にこだわる
Tシャツを女っぽく着たいとき、日焼けしやすい小麦肌の私は、白よりベージュのほうがこなれて見える気がします。サイズをコンパクトにすることで特有のラフさも軽減。(ジェラート ピケプレス/三宅あゆみさん)



風通しがいい「夏仕様のロンT」
自身でデザインをしているブランドmap.のボーダーロンT。ダボダボのロングスリーブ&えり元・そで口までボーダーを配していながら、赤茶×白配色だからきつい印象になりません。(OVERLAP.CLOTHINGオーナー/稲葉真理恵さん)



Tシャツを重ねてこそ快適
(6月下旬発売予定) 5,060円/ジェラート ピケ(gelato pique ルミネエスト新宿店) 開きすぎずつまりすぎずの胸元のライン。なめらかでひんやりとした着心地はTシャツに重ねたときもノンストレス。(ジェラート ピケプレス/三宅さん)



そでの絶妙な長さとデザインに注目
各7,480円/シップス エニィ 渋谷店 シンプルに見えて、素肌がのぞくレースをそでまわりに配したブラウス感覚のTシャツ。ノースリと半そでの間くらいのそでの形が二の腕をカバーしつつ、上品な印象も加味。(SHIPSプレス/半田さん)

▼コーディネートの実例もチェック!
人気スタイリスト・樋口かほりさんが解説「プリントTを大人っぽく着る」ルール



SPIN-OFF
ロゴT・プリントT「それぞれの視点」
最後にTシャツ好きのファッション関係者に聞いた「ロゴとプリントT」こだわりの1枚を、セレクト理由とともにご紹介。フォントやサイズ感など選びの細かい個人的理由にもフィーチャー。


ヘアメイク:小澤麻衣さん

「映画のオマージュ」
ロゴもですが、映画なら作品自体も理解していることが重要。友人のショップが映画『KIDS』をオマージュした“STILL“という一言をのせたシネマT。“まだ子どもでいたい“というニュアンスもツボ。


スタイリスト:岩田槙子さん

「古着感覚でシネマプリント」
シネマTは古着屋で手に入れがち。この「グーニーズ」のTシャツは絵に一目ぼれ。強いプリントですが、スカートなどキレイめなボトムとも意外と合う。読まれてもはずかしくないようロゴの意味も確認します。


DIESELプレス:井上沙理さん

「メンズサイズだけ」
ドイツのレコードショップ「PUBLIC POSSESSION」のTシャツ。デニムと合わせることが多いので、ジェンダーにはこだわらず用途でサイズ選び。ロゴやキャラTはメンズのLでルーズ感を意識。


SHINZONEプレス:戸塚友理さん

「プリントは好きなアーティストのみ」
D‘AngeloのライブTは、アルバム『BLACK MESSIAH』のジャケットがプリントされ、アーティスト名もさりげなく入っているのがお気に入り。モノクロだとカジュアルに転びすぎなくていい。


エディター:M.Sさん

「はっきりしすぎないフォトT」
雰囲気が出やすいフォトプリントは、ロゴ以上にスタイリングのイメージが左右されがち。服がシンプルなので、曇りがかった空やアスファルトの、ドライなニュアンスがあるフォトTがちょうどいい。 Tシャツ 4,400円/Coffee Supreme Japan写真家ERIKO NEMOTOさんとのコラボ。