シンプルを引き上げる
「+αの立体感」
ベーシックなボトムやトップスに添えたい「立体感」を持ち合わせた白。1枚で瞬時にいつもと違うコーディネートに印象チェンジできる旬のデザインをご紹介。


①SHOULDER

「パワーショルダーブラウス」
▶清楚な抜け感のあるシャツがモードに変わる

小顔効果も期待できる肩パッド入りのノースリーブが人気上昇中。プレーンなパンツを合わせても、独特の立体感によって無難におさまらない。

白ショルダーパッドシャツ 26,400円/テラ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) パンツ(メンズ) 3,990円/UNIQLO ハット、インナー/ともにスタイリスト私物 


②SILHOUETTE

「バルーンスカート」
▶陰影が飾りになるツイスト風テーラリング

パリッとしたまじめなシャツにドレッシーなニュアンスを加味。との重ねでユーモアを加算。モードなシルエットも、清涼感のある淡いブルーと白の配色の中でなら、やさしげな表情にまとまる。

ライトブルースリットブラウス 19,800円/ル フィル(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 白バルーンスカート 19,800円/Jilky ゴールドボリュームリング 6,600円/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) ブーツ 42,350円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

【白に必要なニュアンス】 
「流れのいい服」|着たかったのは「こんな白」



③SLEEVE

「ボリュームスリーブ」
▶身幅はスッキリの計算ずくのバランス

難易度が高そうに見えて「そでだけボリューミー」のバランスだから、意外にもボトムを選ばない。包み込むようなソフトな素材は、夏に向く長そでとしても重宝。

白ボリュームスリーブブラウス 18,700円/シーオール(デミルクス ビームス 新宿) ネイビーリネンサスペンダーパンツ 14,300円/uncrave 


④NECK

「ギャザーネック」
▶アクセサリーのような装飾フリル

1枚でまとったり、ボトムを重ねたり、アレンジがたやすい丈感。秋からはインナーとして重ね着のアクセントにえり元をのぞかせても。アクセに頼らずとも華やかさを保てるフリルつき。

白ギャザーネックシャツワンピース 31,900円/ダリア(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 



①BACK TIE

エクリュバックリボンサテンブラウス 42,900円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) 

チェアカバーから着想を得たデザイン。フレアなすそ&リボンのボリュームで腰まわりをカバーできるうれしい効果もあり。写真はバックスタイル。

②SLIT BLOUSE

白ボートネックスリットブラウス 19,800円/アストラット(アストラット 新宿店) 

前後差のある身ごろにさらなるリズム感を生むサイドスリット入り。ひかえめなボートネックでバランスを取った、Tシャツの延長で楽しめるハーフスリーブ。


③RIBBON TIE

共布ベルトつき白ワイドスリーブシャツ 31,900円/IHNN(ブランドニュース) 

ベースはシンプルな造形だから、タイつきでも甘くなりすぎない。デニムやチノといったカジュアルなボトムスとも好相性。


④BELTED BLOUSE

共布ベルトつきアイボリーブラウス 9,900円/Ungrid 

たっぷりとふくらむ、丸みを帯びたそでが特徴。ウエストベルトは取りはずし可能で、ボトムに合わせてアレンジを楽しめる。


⑤SHEER BLOUSE


白バンドカラーシアーブラウス 16,500円/PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ 渋谷店) 

インナーによって表情が変わる、透け感のある風合い。センシュアルさをセーブできるバンドカラー。

⑥GATHER DRESS

白ギャザーシャツワンピース 46,200円/マーレット(サザビーリーグ) 

ワンピースとしてはもちろん、ロングトップスとして細身のボトムと合わせても活躍。


⑦DRAWSTRINGS SHIRT


白ドローストリングネックシャツ 38,500円/AKIRANAKA(ハルミ ショールーム) 

ネックの締まり具合を調整できるドロストで、品行方正の度合いをスタイリングによってアレンジ可能。幅広のカフも着こなしのポイント。

⑧CUT-OFF DENIM

アイボリーカットオフデニムパンツ 36,630円/タナカ(シティショップ) 

すそに加え、ウエストまでカットオフされた珍しさが、タックインしたときベルトいらずのアクセントに。


⑨SIDE BUTTON PANTS

白サイドボタンパンツ 23,100円/イウエン マトフ(イウエン マトフ 横浜店) 

サイドに並ぶボタンで、横から見たときの雰囲気の違いも楽しめる。ドライなオックスフォード地。