スタイリストたちが
「つい手にとる」名脇役
ベーシックを今までよりも、昨日よりも「よりよく」着るために、スタイリストが実践するアイディアを収集。余計なモノをそぎ落とした、美しさのあるシンプル服をもっと生かす最小限の足し算で、装う楽しみも再燃! あれこれ飾り立てずに「1つ」投入するだけで見違える名脇役をリストアップ。


LIST.1
肌感を引き締める「重み」

白ニットバッグ(ストラップ・ポーチつき) 9,990円/バナナ・リパブリック

☑KNIT BAG
地厚なニットをワンポイントに
「Tシャツ×デニムなど、あっさりした上下にこそ効くニット特有の重み。ざっくり編みのレトロな風合いはブルーデニムとも相愛」(スタイリスト 渡邉恵子さん)




厚底ビーチサンダル 6,490円/RANDA

☑BEACH SANDALS
ブーツがわりの重厚感
「装いを引き締め、高級感も与えるブーツからヒントを得て、夏の足元にも重みをメイク。ふっくらとしたトングがアクセントになり、ビーサンなのにモードな仕上がり」(スタイリスト 出口奈津子さん)



スエット 13,200円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) 

☑GRAY SWEAT
ネックラインがさみしいときに
「シンプルなトップスの余白を埋める飾りとして、地厚なスエットを肩がけするのも手。ラフすぎず、白と黒の延長で使えるグレーが便利です」(スタイリスト 樋口かほりさん)



LIST.2
ベーシックに必要な「適当感」

黒へリンボーンジャケット 35,200円/シティショップ 

☑OVERSIZED JACKET
メンズサイズを肩がけ
「シンプル上手なメンズのように柄ジャケットを肩がけすると、無地の服にも抑揚と味わい深さが。BIGサイズのものなら、手に持ったときもさまになりやすい」(スタイリスト 樋口かほりさん)



黒バケットハット 20,900円/ミュールバウアー(シップス プライマリーネイビーレーベル)

☑BUCKET HAT
『隙」が欲しいときのバケットハット
「ストリートライクなメンズっぽさのバケットハットは、不変のベーシックを脱力させる注目株。一部分がメッシュになっていて涼しげ」(スタイリスト 岩田槙子さん)


LIST.3
「つい合わせがち」という実用性

カーディガン 39,600円/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

☑SUMMER KNIT
はおってもいいし巻いてもいい
「使いみち豊富なカーデは、サマーニット特有のけだるい落ち感によりその幅がさらに広がる。ストール的に肩に巻いても、腰に巻くだけでも新鮮」(スタイリスト 渡邉恵子さん)



帽子 7,700円/ル・ベルニ(キャセリーニ) 

☑STRAW HAT
必要なとき以外はしまっておける
「一般的なハットと違い、たたんでバッグにしまえるやわらかな素材に惹かれて選びました。くたっとした形がカジュアルで、夏の浮かれた感じが出すぎないところも魅力」(スタイリスト 高木千智さん)


★靴やアクセサリー選びも含めた
全アイテムは>>GISELe WEBで公開中!