PART1に引き続いて、ここではデニムコーディネートの醍醐味の1つ、トップスとの相性を研究。甘さ・色・素材感やシルエットなど、より今季らしく、キレイに近づけるトップスとは?


TOPICS-3
TOPS VARIATION
デニムを高めるトップス
装いを最速で「今」に寄せる力を持つ強さや重みをそなえたトップス。意外性のある質感・シルエット・デザインを選抜。

【Tシャツ的レザーブラウス】

着心地自体はごく軽く。
ノンストレスにすごせる薄手のエコレザー。しっとりとしたレザー調だから、落ち着きを保ったままエッジも効かせられる。


【紳士の休日風スキッパー】

甘いピンクに向くメンズライクなアイテム。
シャツもたとえばスキッパータイプを選び、えりを立て、そではざっくりとたくしあげるなど、きちんとしたアイテムをラフにこなすのもデニムにお似合い。


【ソフトな質感で大きなフリル】

細見えに貢献するそでのデザイン。
肩口から大きくふくらむフリルの装飾で、色あせデニムも即座にLADYへ昇華。



TOPICS-4
WITH BLACK
黒と一緒にひかえめな肌感
素肌と黒の潔いコントラスト。確実にカジュアルに転ぶブルーデニムと一緒なら「飾らず結果女っぽい」絶妙なバランスも思いのままに。

BACK OPEN ONE-PIECE

脱力感と色っぽさが同居する後ろ姿。
素材自体もシアーなドレス。背中をのぞかせ、デニムを透けさせて印象操作を。


BACK OPEN TOPS

素肌が映えるレディなたたずまい。
ボーイッシュなデニムのゆとりによってミニマルなトップスが際立ち、女性らしいボディラインをメイク。


KNIT BUSTIER

心もとなさをカバーするニットの厚み。
タンクトップだとカジュアルすぎる。ニットビスチェという、素材の凹凸とデザイン性で、同じ肌見せでも手抜き感なく、ちょうどいい女っぽさへ。


SLEEVELESS

デニム前提だから手が届く立体フリル。
メンズライクな色落ちデニムにこそ、わかりやすくスイッチの入るドレッシーな黒をためすとき。



TOPICS-5
LONG SLEEVE
薄手のゆるい長そで
夏も意外と出番の多い長そでは「長そでだからいい」デニムを女らしく見せてくれるデザインを選択。

①DOLMAN SLEEVE

ドルマンスリーブの落ち感が生きる。
美しいシルエットを描く長いそでの重み+ドルマンスリーブの組み合わせ。夏のニットはカットソーに比べ汗をすっと吸いつつ、インナーのキャミソールなども不要。乾きも早いという機能面でも重宝。


②HENRY NECK

Tシャツ以上・カーデ未満。
ヘンリーネック特有のデコルテラインは、柔らかく縦落ちする質感で女らしさの中に、気だるいような品も漂う。


③SHEER KNIT

黒からのぞく素肌も計算のうち。
肌が透けるほどの「編地」のマイナーチェンジ。ニットの重みに対して、デニムはごくライトな色落ちブルーが最適。


④LOW GAGE KNIT

包みこむような形と編み地のゆるさ。
ゆったりフォルムに広く開いたネックライン。ローゲージ&長そでだからとり入れられる肌感の表現で、薄色デニムを女らしく。


☑アイテムのクレジットと
PART1もチェック!
>>【デニムの今が分かる】すべての記事一覧はこちら