シンプルに着るのもいいけれど、気分が変わるアイディアが欲しいところ。人気スタイリスト・樋口かほりさんがひらめいた、Tシャツに飽きないための6つの発想をヒントに。


1.
CASUAL DOWN
「グレーTシャツにグレースエット」
「私的にもグレーは秋からの注目色。定番の白T・黒Tからのマイナーチェンジにもいいですが、さらにグレーのスエットを足してボリュームを。今気分のワントーンもレイヤードもこの一手で」(樋口さん)

グレーTシャツ 1,650円、中に着た白Tシャツ(2パック) 2,970円/ともにヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 肩にかけたスエット 31,900円/ATON(ATON AOYAMA) ショートパンツ(メンズ) 1,990円/UNIQLO サングラス 37,400円/BLANC さらに白Tをインナーとして重ねて、あいまいなバイカラーに見立てて奥行きを。


2.
MAKE YOUR DRESS
「濃厚な配色でドレス風に」
「赤いワンピにショート丈のブラウンTシャツを重ね、秋のデザインドレスのように。ストローハットにブーツという、季節の違和感も小物ならちょうどいい遊びに」(樋口さん)

Tシャツ 6,578円/CREDONA 赤ワンピース 17,380円/フリーダ(フリークス ストア渋谷) ストローハット 15,400円/MAGDA MADE(メイデン・カンパニー) ネックレス 132,000円、バングル 49,500円、〈左手人差し指〉ゴールドリング 40,700円、〈左手薬指〉シルバーリング 37,400円/以上サラース(サラース カスタマーサポート) ブーツ 64,900円/PIPPICHIC(ベイジュ)


3.
TEE < KNIT
「ニットはむしろ中に着る」
「白T同等に定番の黒のノースリリブニットを、オーバーサイズのTシャツのインナーに。スキニーで締めがちですが、フレアパンツの迫力があればTシャツのサイズ感が目立ちません」(樋口さん)

バックプリントTシャツ 9,900円/MIDIUMISOLID(マザーズ インダストリー) 中に着た黒ノースリーブニット 6,600円/THROW by SLY、ミュール 11,880円/MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) リブニットパンツ 22,000円、バッグ 39,600円/ともにvenit(ハルミ ショールーム) バックの“Peace“のレタードも絶妙なアクセントに。

【READ MORE】
全スタイルを公開中!
➤Tシャツに飽きた人が知らない6つのアイディア