ボトムの色を想定したときに浮かぶのは黒・ブラウン系・デニムや白と、ときどき華やぐキレイな色。万能なパンプスも「配色」として幅が広いことを想像すると淡いベージュやグレー系が使えるという結論。足元がもたつきがちな秋冬の服に欠かせない「バランスアップ」は細くシャープなつま先が担当。 ※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。


HOW TO CHOOSE?
【先細のニュアンスカラー】
白系ボトムの引き締め役には、脚をすらりと流せる、グレーやベージュなど似た色のパンプスを採用。あいまいな色みで、膨脹感が出ないよう、ポインテッドトゥで切れ味もカバー。



春夏から引き続き淡いトーンが主流の今季は、靴も似た色でそろえるのもバランスアップの一手。そうすると腰から下はワントーンだけにヒール、またはつま先が細い、メリハリのつくシルエット選びが肝心。オフ白フラットパンプス17,600円/アンヘル アラルコン(ゼア オンラインストア) アイボリーパンツ 2,970円/ビズ(ジュンカスタマーサービス) ニット 8,800円/Ungrid バッグ 6,490円/コントロールフリーク(キャセリーニ) その他/スタイリスト私物



【絶妙色のパンプス6選】

1.

メタルヒールでシャープに:グレージュスエードパンプス(8) 11,000円/rienda(バロックジャパンリミテッド) ソフトな色みも少量のシルバーで都会的に。



2.

イエローに近いクリーム:クリームパンプス(5) 50,600円/ネブローニ(フラッパーズ) スエードのしっとりとした風合いで甘いムードをあと押し。



3.

知的に寄せるライトグレー:グレースエードパンプス(4.5) 18,700円/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 疲れにくい低めのヒール。



4.

モードを語る四角いソール:〈モデル着用〉パンプス(1.5) 17,600円/アンヘル アラルコン(ゼア オンラインストア) はき心地も快適なやわらかいレザー。



5.

脚長効果がある甲深×先細:アイボリーVカットフラットパンプス(1) 27,500円/カルチェグラム(デュプレックス) 甲部分のVカットでいっそうスマート。



6.

少量のオレンジがポイント:パンプス(2) 24,200円/ファビオ ルスコーニ(ゼア オンラインストア) ヴィヴィッドカラーのヒールで後ろ姿にも変化を。

✓【随時更新】新作パンプスの記事一覧