「直線美」を印象づける
柔らかいワイドパンツ

スカートのように甘くなく、パンツとはいえお堅く見え過ぎない、しなやかな素材感をまとうことで新しく変わったワイドパンツが人気。どんなスタイリングでも「すぎない」バランスに仕上がる、ワイドシルエットのパンツに向く4タイプをご紹介。



1.深い色みのネイビー

フリルをあしらった甘いブラウスにとって、スカートも細身のパンツも気張って見える場合が。知的なのに力も抜けるネイビーのドレーピーパンツが隙を生み、甘いトップスを日常づかいしやすく調整。

色の重さを緩和するしなやかな素材

やわらかいのにひらつかない、上質な厚み。両サイドにあしらわれたスリットが、すそのニュアンスを強調。



2.ゴールドベージュのサテン

サテンならではの光沢が最大限に生きる、落ち感のあるワイドフォルム。ニットに合わせて小物も黒でまとめた重厚な装いに奥行きをもたらし、ボリュームダウンに貢献。

秋冬メインの素材に効くツヤ感

軽やかな素材感ながら、秋冬でも浮かない深めのブラウン。落ち着いた黒×ブラウン配色でまとめつつ、緊張をもたらす黒のレザー小物を選び心地よいシルエットを大人っぽく。



3.薄いピンクのカラパン

フェミニンなピンクも、強さのあるワイドなフォルムなら適度にモード。淡いトーンでまとめても辛口に装えて、きちんと感のある仕上がりに。

甘めな色こそハンサムに

落ち着いた配色がメインとなってくるこれからの季節、気分転換に相応しいピンク。黒と合わせて強く、あるいはブラウンやグレーとやさしげに。ベーシックな軸色とも好相性。



4.「くびれからが脚」のハイウエスト

プリーツのようなタックにより、すそに向かって広がるAラインぎみのシルエット。リブトップスを合わせたコンパクトなウエスト部分との差が明確になり、リラックスしつつも、抑揚の効いた見た目を演出。

ウエストをより細く見せるすその広がり

スカートのような流れのいいシルエット。ハイウエストでも力んで見えない股上の深さと余白のあるシルエット。


✓パンツと合わせた服のプライスを見る