明るい色がもてはやされている今季。そんな色も着やすく支えるにも、黒は結局まちがいのない最も頼れる色。納得のいく新しい黒アイテムと最短ルートで出会えるガイダンス。


【PART1】
黒ワンピースこそ「甘め」が似合う
毎シーズンはじめに見ておきたい黒ワンピース。今季の選択条件は、黒の重い印象を拭う部分的な抜け=「隙」のある素材やディテール。


01
【ネックラインで見せる隙】

復活した「スクエアネック」でシャープな抜けを

黒タックスリーブドレス 20,900円/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) カーキマフラー 50,600円/アソースメレ×ロンハーマン(ロンハーマン) 黒ローファー 16,390円/A de Vivre そでにボリュームがあるぶん、デコルテは抜けをつくるだけでなく、スクエアネックの「角」を意識した調和のとれた1枚。足元も抜けと重みをそなえた「どっちつかず」なローファーがお似合い。



02
【ウエストラインに効かせる隙】

黒の空気を変える細身の白ベルトつき

黒Aラインワンピース 63,800円/FUMIE TANAKA(ドール) 白バッグ 40,700円/VASIC(ヴァジックジャパン) 白フラットシューズ 36,300円/ピッピシック(RHC ロンハーマン) やや広がったそでとすそ。そのままだとやぼったくも見えかねないシルエットに有効な、きゃしゃな白ベルトの緊張感。シューズやバッグもキリッとした白を貫くことでドレスのゆったり感がより生きてくる。



03
【手元の動作で気づく隙】

ボリュームそでとスリットの好バランス

黒リネンワンピース 67,100円/カオス(カオス表参道) 黒ボディスーツ 55,000円/Atelier SOVEN(ディプトリクス) サングラス 20,900円/A.D.S.R.(4K) ポシェット 17,600円/マロウ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) グレージュパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa ある意味そでをなくすよりセンシュアルに見える、手元のスリット。



04
【動くとわかる素材の隙】

「かすかに透ける」シアーな質感

黒シャツワンピース 31,900円/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) アイボリーレザートートバッグ 36,300円/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) 黒ロングブーツ 49,500円/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) ボディラインを包み込むようなシルエットは、生地次第では重く見えることも。透け感のある風合いなら、重厚なブーツを合わせても軽やかなまま。

✓【PART2】新しい黒アイテムをもっと見る