羽織るならジャケットでも、カーディガンでもない...。そんなときにはコーディネート力も高い「えりのないジャケット」を起用。ジャケットといえど、堅苦しさはなくカーディガン風の軽やかな仕上がり。

えりのないことでカットソーやTシャツはもちろん、タートルやハイネックとのレイヤードにも好相性。さらに厚手のトップスとの合わせも着膨れしないゆるめなシルエット。カジュアルな装いに羽織るだけで、簡単かつ今っぽい、スタイルも整うバランスを作るいいことづくめな「知性+脱力感」を兼ねそなえた新アウターを投入!



【STYLING】


クラシカルなツイードは
「ゆるく長めな形」で今にシフト

黒ツイードジャケット 42,900円/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) オフ白カップ入りキャミソール 9,900円/ソブ(フィルム) 黒マキシスカート 36,300円/ロエフ(ザ ストア バイ シー 代官山店) 黒パンプス 7,040円/RANDA バッグ/スタイリスト私物




1.SMALL GLITTER

首元のビジューがアクセの役割も
黒×白ビジューつきニットカーディガン 36,300円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ローゲージ編みで抜けも確保。




2.KNIT JACKET

スタイルバランスをキープする形
エンブレムボタンカーディガン 8,250円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ハイウエストボトムが生きる、コンパクトな丈。




3.ALL WHITE

白っぽい配色のやさしいツイード
ジャケット 81,400円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) はっきりしない白だと、コンサバに傾きすぎない。


✓【総まとめ】新しい服をもっと見る