「直線美と倒れないマチ幅」の関係

秋はじめのバッグ選び、傾向の1つとして注目したいのが直線と平面で構成された、ボックスのようなスクエアフォルム。ただ旬というだけでなく、秋冬の基本であるIシルエットに合わせてスタイルアップを手伝ったり、あいまいな配色の引き締めや、ニットの膨張感をおさえたりと、その効果の幅も広い。

ショルダーや長方形トートのマチ幅も、置いて倒れそうで倒れないくらいの幅が、シャープなフォルムに好相性。※( )内の数字はバッグのサイズで縦×横×マチ、単位はcmです(編集部調べ)




カーキショルダーバッグ(13.5×25×9) 56,100円/土屋鞄製造所(土屋鞄製造所 お客様サポート係) 前面に配された大ぶりのタックポケットが特徴。




ネイビーハンドバッグ(15×22×13) 9,350円/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN) 強気なボックスシルエットも、ふんわりとしたハンドルによってやわらかい印象。




ブラウントートバッグ(21×18.5×10) 68,200円/SCOTRIA(ジェムプロジェクター) ぬくもりのあるスエードのような風合いで、角張った形でもやさしげ。




ブラウントートバッグ(41×32×8) 47,300円/ORSETTO 裏表で異なる模様のショルダーストラップは幅広だから、長時間肩がけしても疲れにくい。




グレージュトートバッグ(24.5×19×12) 9,350円/ADD CULUMN(ビーミング ライフストア by ビームス 横浜ポルタ店) フロントにほどこされた立体ポケットが新鮮。ひとクセあるデザインも、グレージュなら上品な印象。




黒トートバッグ(27.5×20×10.5) 19,800円/エフ バイ ウェルフィット(ダイアナ 銀座本店) 硬派な黒がなごむ、きゃしゃストラップとやわらかい質感。





黒ショルダーバッグ(15×19×9) 39,600円/MARROW(4K) 隠しマグネットによってぴったり閉まるフタが、よりボックスのようなフォルムを演出。




ライトブルートートバッグ(33×24.5×11) 20,900円/YAHKI(ショールーム セッション) 開け口に向かって徐々に狭くなっているマチのおかげで、広がりすぎずすっきり見える。




白ハンドバッグ(18×24×12) 60,500円/IRIS 47(フーブス) ミニマルなデザインながら3つのポケットを内蔵し、実用性も優秀。黒の縁取りが柔和な白を引き締め。




グレーショルダーバッグ(14.5×24×8) 46,200円/OSOI(UTS PR) ショルダーストラップを調整すれば肩がけでもハンドバッグでも使える。




グリーンバッグ(26×32×7.5) 7,150円/LAGUA GEM(バロックジャパンリミテッド) 中が2つに仕切られている実用性の高さから、通勤バッグとしても頼もしい。


✓【随時更新】トレンドニュースをもっと見る