上品なスクエアトートは
抱えて持てるサイズ感がベスト

装いをシャープに整える、かっちりとした形のレザーバッグ。ゆったりめのシルエットが定番の今、そんなバッグを再選するなら「抱えて持てる」小さすぎず、大きすぎないサイズ感がベスト。持つことに加え「抱えてもいい」2通りの持ち方がフィットするタイプをご紹介します。 ※( )の数字は、バッグのサイズで縦×横×マチ、単位はcmです(編集部調べ)。


持つ・抱える・どちらにも適したサイズ感はオーバーシルエットの服が全盛の今、服とのバランスも保ちやすくデイリーにもちょうどいい。


1.WIDE BLACK

黒バッグ(21×30×12) 53,900円/VASIC(ヴァジックジャパン) ワンハンドルだから、そでを通してももたつきにくい。耐久性にも優れた肉厚なレザー。



2.MIX MATERIAL

カーキレザーバッグ(28×34×16.5) 9,900円/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) 両サイドには白のキャンバス素材をドッキング。



3.RED BROWN

ビットつきバッグ(24×35×11.5) 7,990円/マンゴ(ロコンド) ゆったりした服に抑揚をつけられる、クロコ型押しデザイン。赤茶でLADYなイメージも確保。



4.EDGY FORM

黒レザーバッグ(30×25.5×10.3) 9,990円/プラステ うでを通しやすい、ロングハンドル。シボ加工のレザーで、ヴィンテージライクに。



5.CURVY FORM

カーキバッグ(31.5×32×14) 52,800円/ETiAM(ブランドニュース) 開口付近は曲線的だから、やわらかい印象に。



6.CROCODILE

クロコ型押しバッグ(23×28.5×11) 16,500円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ツヤ感のあるベージュが、甘いムードへシフト。同系色の服に合わせても埋もれない、クロコ柄もポイント。


≫新着のバッグをもっと見る