「服と服のつながり」で選び抜かれたワードローブ。着回すたびに「好き」が増していく、服の数よりアイディアの数をまとうように。繰り返すたびに発見のある、着まわしプランを毎日お届け中!


【VOL.22】
【カジュアルに紅一点】

前回ご紹介した≫赤タートルに加え、今回はロゴが赤のスエットで着回し例をご紹介。黒・白・グレーのワントーンのスタイリングをそのままに、それぞれに同じ赤を1点効かせ、赤の刷新力と実用性をテスト。


T.RED LOGO SWEAT

「かすれたニュアンスで」赤ロゴスエット

グレー赤ロゴスエット 16,280円/REMI RELIEF(アンストア) グレーをベースに、古着のようにかすれたロゴなら赤といっても効きすぎない。


1.
BASE STYLE-ALL BLACK

【やさしい黒と強い黒】

ARRANGE
【ALL黒に隙をつくるカレッジロゴ】

なつかしいレタードは
黒にとって十分なギミック

ブーツINして色もフォルムもそぎ落したところにあせたロゴをのぞかせてカジュアルダウン。インナーに黒をはさんで引き締め、小粒のパールを飾る。細部まで行き届いた丁寧なスタイリングが大人っぽさを保てる理由。

赤ロゴスエットは着まわし。黒センタープレスパンツ 19,800円/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) 黒サテンブラウス 19,800円/BACCA(TOMORROWLAND) 黒カシミヤニットカーディガン 53,900円/ATON(ATON AOYAMA) 黒ロングブーツ 50,600円/カルチェグラム(デュプレックス) 白スモールパールネックレス 3,300円/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) 


2.
BASE STYLE-ALL WHITE

【白と白っぽい配色】

ARRANGE
【肩にひっかけるだけのアクセント】

後ろ姿にとどめて
ALL白のムードをくずさない

スエットは肩がけのために使う、という選択肢もあり。古着のようなあせた風合いがはかないワントーンと意外にもフィット。ボリュームがありながらストンとしたシルエットを維持したまま、目線の引き上げにも成功。

赤ロゴスエットは着まわし。オフ白フレアスカート 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) 白シャツ 30,800円/CABaN(キャバン 代官山店) オフ白ボアロングジレ 31,900円/Jilky ベージュギャザーフラットシューズ 35,200円/ピッピシック(RHC ロンハーマン)


3.
BASE STYLE-ALL GRAY

【トレンチをグレーに塗りかえて】

ARRANGE
【濃淡を生かしたプレイフルなワントーン】

奥深いグレーの色幅には
ロゴが唯一のハズしに

グラデーションを担う一端としてグレースエットを採用。同系色の中ならロゴにとどめた赤の発色も生きてきて、ほかのグレーもかすまない。一番濃度の高いタートルネックを首とそでからのぞかせ、ゆるみをカット。

赤ロゴスエットは着まわし。グレースエットパンツ 15,000円/N.O.R.C グレーリブタートルネックニット 27,500円/ユニオンランチ(サザビーリーグ) グレーラグラントレンチコート 45,100円/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿1) グレージュスエードパンプス 15,950円/DIANA(ダイアナ 銀座本店)


≫着回しコーディネートをもっと見る