「服と服のつながり」で選び抜かれたワードローブで冬まで、そして冬からの着回しを毎日お届けしている連載企画。組み合わせるごとに「好き」が増していくさまざまなアイディアをご提案。


【VOL.26】
ベージュに近い感覚で
【くすみがかったオレンジ】
ベーシックカラーの役割に似た「〇〇に代わる色」を条件にキレイ色のアイテムを新投入。合わせる色によって、ベージュにもブラウンにも見えてくる、とけ込みやすいトーンのオレンジ。まずはインナーとして発色を試して、徐々に着方の幅と相棒色の拡大を。

テラコッタスエット 19,800円/Edition(エディション 表参道ヒルズ店) ベージュミニスクエアポシェット 73,700円/LUTZ MORRIS(エスケーパーズオンライン) 淡いベージュボトムとも配色に強弱がつきすぎない、薄手のスエット素材ならではのマイルドな色み。先細トゥで淡色にけじめを。



【着回したアイテム】C + E + b

C.ベージュウールワイドパンツ 47,300円/ebure(ebure GINZA SIX店) プレーンなトップスを単調に見せない、ざらっとした風合い。タックINしてもさまになるハイウエスト。



E.ナイロンアウター 28,600円/アストラット(アストラット 新宿店) 緊張感もあり、ハズしにもなる渋いナイロンゆえのメリット。ネック部分にフードを収納できる2WAY仕様。



b.ベージュギャザーフラットシューズ 35,200円/ピッピシック(RHC ロンハーマン) ニュアンスカラーなのにぼやけないのは、とがったトゥとギャザーのニュアンスが理由。


≫【毎日更新】すべての着回し実例を見る