「服と服のつながり」で選び抜かれたワードローブで冬まで、そして冬からの着回しを毎日お届けしている連載企画。組み合わせるごとに「好き」が増していくさまざまなアイディアをご提案。


【VOL.28】
主張をおさえたひかえめな柄
目立たずも埋もれない柄。シンプルなワードローブと同様に「よく回っていく柄」は、細かい柄や色差のない配色など、無地みたいに使える「はっきりしない柄」。そんな「目立たずも埋もれない」バランスをかなえる柄でさらに着回しの幅を拡大!



SELECT.1
至近距離でわかるピンストライプ
極細のストライプに加えて、ウールの起毛感でぼかしたように見える、はっきりしないストライプ。「効きすぎない柄」の利点を生かし、なじませるような着こなしを。

ジャケットのようでトップスという
アイテム自体もあいまいな存在

ストライプがぼやけることで、硬派なトップスもメンズすぎない。デニムでさらに親しみやすさをプラス。 ネイビーストライプスリットトップス 75,900円/アンスクリア(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) 白タイベックバッグ 2,860円/SEA(エスストア)


【ITEM VARIATION】

1.LEOPARD SKIRT

ドットのようにも見える抽象的な柄

アブストラクトプリントスカート 30,800円/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 白ベースならやさしげ。



7.STRIPED SHIRT

茶系の濃淡で構成されたほぼワントーン

グレードルマンシャツ 7,150円/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 丸みのあるシルエット。


≫【8選】柄アイテムをもっと見る