デニムと並んで定番化しそうな、コーデュロイはキレイめにとり入れるのが主流に。そこで目をつけたいのが色。カジュアル・ベージュのイメージが強いコーデュロイは、黒・白・ブラウンが狙い目。コーディネートの軸になるアイテムを選抜して、コーディネートの実例でご紹介します。


DRESSY-BLACK
【細うねの黒フレアスカート】

適度なハリ感と
柔らかさを含んだフレアスカート

ハリ感がありながらも、デニムのように固くなく柔らかさがある質感もコーデュロイの特徴。カジュアルというより、ドレッシーでさえもある極細のうねと微光沢、広がりのあるシルエット。ブルーのボリュームニットを合わせた寒色と黒の配色で、ニット&コーデュロイもほっこり見えず女性らしい、都会的な装い。

黒コーデュロイスカート 39,600円/シーピー シェイズ フォー ロンハーマン(ロンハーマン) ブルーニット 13,970円/LILY BROWN(Lily Brown ルミネエスト新宿店) バッグ 5,940円/レイ ビームス(レイ ビームス 新宿) スリッポン 9,350円/emmi atelier(エミ ニュウマン新宿店)


INTELLIGENT-WHITE
【オフ白のシャツ】

コーデュロイに相愛なオフ白。
キレイなシャツも心地よくキレイに

中にTシャツや薄手のニットなどを仕込んで、羽織りものとしても使ってもバランスよく仕上がる、コーデュロイの適度な厚み。クリーンな白をマイルドに見せ、力みを除いてくれるのも起毛感のあるコーデュロイが持つ長所。ベロアのジョガーパンツを合わせたエフォートレスな装いも白&ブラウン配色、シャツできちんと感のある仕上がりに。

オフ白コーデュロイサファリシャツ 29,700円/TICCA 茶ベロアパンツ 19,800円/デザイナーズリミックス(コロネット) サングラス 37,400円/BLANC バッグ 27,500円/YAHKI(ショールーム セッション) パンプス 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ)


TIMELESS-BROWN
【ブラウンの太うねテーラード】

サイズと色でさらなる重みを加えて
デニム姿をアップグレード

ハンサムなビッグジャケットを親しみやすく見せる太いうねによる重厚感。ストライプのようなニュアンスが加わりつつも、ストライプのように目立たない品の良さ。シンプルな上下に羽織るだけでサマになってしまう、頼れる秋冬ジャケットのタイムレスな定番の1つとして。

コーデュロイジャケット 89,100円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) アイボリーニットキャミ 28,600円/エクストリーム カシミア(ロンハーマン) デニムパンツ 20,900円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) 眼鏡 28,600円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) 黒バッグ 37,400円/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) 黒ショートブーツ 9,790円/RANDA

≫コーデュロイの服とスタイリングをもっと見る