「冬に持っていく」ベージュ3選

着回せることを前提に選ばれた、新しいベージュと白アイテム。ペールトーンが旬の今季、その主役を担うベーシックカラー・ベージュにフォーカス。鉄板の白との配色を軸に考え、選ばれた着回し力に優れる「冬のベージュ」アイテムをご紹介します。


ベージュも白も、アイテム別に「ベストな色み」にこだわったワードローブ。



1.
ボトムの軸はメンズライクなスラックス

ハンサムとレディのいいとこどり

辛口なベージュ代表として、冬も活躍していくのは、淡い配色や甘いトップスも引き締まるメンズライクなパンツ。ベージュなら、直球で甘い白との合わせも浮かずになじむ。

シャープなパンツにとってやさしさと遊びが加わるブラウス。またブラウスにとっては、甘さを残しつつも大人っぽく引き上げてくれるパンツという相互扶助の関係性。



2.
カーデがわりにブルゾンを

ひかえめに映るベージュのハズし

防寒性とバランス調整力を兼ね備えたブルゾンは冬アウターに必要なレパートリーの1つ。キレイめな装いもベージュの品で「ハズしすぎない」仕上がりに。正統派なブラウスとスカートの奥ゆかしさと、メンズ風ブルゾンという正反対のコンビも、安心感のある配色で見心地よく。

フリルにプリーツ。主張するデザインこそくすんだ白で、ある意味目立たせないことが、品よく着こなすためのカギに。ムートンシューズがなごませ役としてしっかり機能。足首を見せればブルゾンの重みも払拭できる。



3.
もこもこのロングジレ

形はモード・色と質感はマイルドに

エッジイなロングジレもボアとクリーミーなベージュをまとえば、やさしげでリラックスした印象。だけどしっかり縦のラインを作ってくれる、バランスアップに必須な旬アイテムの1つ。コーデュロイのオーバーオールと、ボアベストの重厚感のあるレイヤードもライトに見せる、Iシルエットの効果と配色の妙。

淡いレイヤードでも、切れ味のいいフォルムを形成すれば、スタイルアップも可能。ハンサムなベージュが引き締め役に。


≫アイテムのプライス一覧を見る