理想を語るとき、気づけば言葉にしている「〇〇がない」という視点。「ない」ことでコーディネートに必要なバランスが満たされ、新しい可能性が広がっていく。結局「ない」ことが「いいこと」につながっていく、これからのコーディネート作りにとり入れたい新たな視点をご提案。


1.KEY COLOR
【グレーについて】

「甘くない」からいい
年代も性差も超えて品格の漂う色とされるグレー。いつでも冷静さを保てる誠実なグレーをいいことに、甘いプリーツスカートをなびかせる。知性のある色が、かえって着飾る楽しさを教えてくれる。

グレーリバーコート 121,000円、プリーツロングスカート 75,900円/ともにebure(ebure GINZA SIX店) グレージャケット(メンズ) 88,000円/ユニオンランチ(サザビーリーグ) 白シャツ 18,700円/ロク(ロク 渋谷キャットストリート) ピアス 15,950円、(右手)シルバーリング 13,750円、(左手)ゴールドダブルリング 14,300円/以上ソワリー ローファー 16,390円/A de Vivre




2.SILHOUETTE
【シルエットの考え方】

「抑揚がない」からいい
プレーンなシャツにストンと落ちるワイドパンツの単調ともとれるワントーン。締めどころのない装いが、かえって迫力を感じさせる。仕上げに同系色のスカーフをなびかせて。

アイボリーシャツ 23,100円/TICCA パンツ 39,600円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) サングラス 30,800円/BLANC ポケットに入れたスカーフ 17,600円/エネイズ(デミルクス ビームス 新宿) サンダル 16,500円/レインボー サンダル フォー RHC(RHC ロンハーマン)


≫【6つのテーマ】コーディネートをもっと見る