何かと使えるハイブリッドなアウター
①ショートより長く、ロングよりはやや短い丈で②コートまでいかない程度の軽量感のある厚み。この2つの「どっちつかず」だからアウターとしても、またコートの中の羽織りとしても使えるタイプをピックアップ。気温に応じたレイヤードもしやすく、コート以上に着方の違いを楽しめる。一辺倒に陥りがちなこれからのアウター姿にも変化がつく、狙い目タイプを着回しコーディネート実例でご紹介。



1.SHIRT JACKET 
【シャツとコートの間のジャケット】
密度の高いメルトンウールでしっかりと厚みを持たせることで保温性がアップ。きちんと見せたい日のアウターがわりにも、丈と起毛感を生かしたルーズなトップスとしてもアレンジが可能。

▼NOW

ジャケットよりも気楽な
厚みシャツで白の緊張を緩和

ネイビーメルトンシャツ 83,600円/ebure(ebure GINZA SIX店) タートルトップス 25,300円/SLOANE 白ワイドパンツ 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) ブーツ 40,700円/TSURU by Mariko Oikawa 力みを感じさせないネイビーもやわらかな見た目に一役。


▼NEXT

ロングコートをひっかければ
真冬でもじゅうぶん活躍

ネイビーシャツは着まわし。キャメルツイードリバーコート 57,200円/クラネ(クラネデザイン) 黒レザースカート 71,500円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 黒ブーツ 31,900円/TSURU by Mariko Oikawa 辛口な黒レザーのスカートでシャツのほっこり感を解消。


≫アウターと着回しパターンをもっと見る