ニットの種類も豊富な今季。ニットらしいニット、あるいはニットっぽくないニットなど、ニットどうしの組み合わせでレパートリーを構築するのも一手。ニットONニットのワードローブでご紹介した、5つのコーディネートを分解して組み換え、ニットどうしの組み合わせパターンがますます広がる着回し方をご紹介。


「ニットどうしの組み合わせが上手くいく」組み合わせに当てはめて選ばれた、着回せるニットのワードローブ。


ーVOL.3ー
【カラーニットとブラウンニット】

コクのある色の掛け合わせて
デニムと色ニットを品よく

ベージュの延長のようなイメージで使える彩度をおさえたイエロー。ニットとデニムのワンツースタイルに、奥行きを出すためのもう1つ、ニットの肩掛けには、同じくレトロな色みのブラウンを加えたグラデーションでバランスよく。カジュアルなブルーデニムに華やぎと品格を同時に獲得。

【着回したアイテム:E+H】
E:イエローVネックニット 30,800円/OUTERSUNSET H:ブラウンハイネックニットプルオーバー 34,100円/ATON(ATON AOYAMA)

デニムパンツ 14,300円/SLY(バロックジャパンリミテッド) ベージュ中折れハット 7,920円/ベネッリモンタコーネ(ユー バイ スピック&スパン ルミネ2新宿) カーキパンプス 80,300円/フランチェスコ ルッソ(ロンハーマン)


≫ニットのコーディネートをもっと見る