重厚になりがちな冬の装いに、きらめきやツヤを含んだメイクで軽さをつくる新発想。華やかな光をまといながらも派手に転ばせたくはない。期待にこたえる2つのテクニックを、ヘアメイク・木部明美さんが伝授。



【TIPS.8】
唇に光を「仕込むように」

目元のきらめきよりさりげなく、手軽に洗練されたムードをもたらすラメ入りリップ。光を駆使することで、唇の立体感が増す、鮮やかなリップカラーに親しみがわくなどのメリットも。

シマーなベリー色を「まじめに塗る」

リップバームならではのうるみと繊細なシルバーの輝きが、重厚でマニッシュな装いを刷新。くどく見えないシアーな発色をいいことに、唇の輪郭をきちんとなぞって品よく知的に。カシス色らしい「いい女感」を強化。(木部さん) リブタートルネックニット 36,300円/PHEENY ピアス 11,330円/ソコ(ZUTTOHOLIC)


【CLOSE UP】



【USE ITEMS】

リップ ルミエール ルミナス シアー リップティント(数量限定発売) 03 4,290円/ローラ メルシエ ジャパン 唇の上をすべるようになめらかに色づき、みずみずしいツヤを宿すリップティント。グリッターがちりばめられた可憐なルックスにも、心がくすぐられる。


【HOW TO MAKE-UP】

「かわいい色は塗り方にひと手間」を。リップの先端を立てて、唇の山を縁取り。そのあと、全体を色づけしていく。濃色を抜け目なくきっちり塗っても派手じゃないのは、微光沢を含んでいるからこそ。重く見えがちな色もシルバーのきらめきが軽さを生む。


≫試したいメイクのテクニックを一覧で見る