GISELe10/11月号の人気コーディネートから、これから、冬に向けてとり入れたいアイテムや着こなし方を復習。あらためて注目したいアイテムや、新定番、選ばれたトレンドなど22スタイルをピックアップ!


STYLE.001

メンズライクな中にかわいげが宿る
チョコレートブラウン

黒に近いネイビーのニットワンピースにレイヤード。正統派なベージュとは異なる存在感で、トレンチコートの新境地を開拓。茶トレンチコート 20,350円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ネイビーニットワンピース 40,700円/unfil(アンフィル) 黒ショートブーツ 18,700円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)



STYLE.002

色も着方も「気だるさ」を残せる
フロントINもたやすい肉厚感

グレースエット(別注カラー) 21,780円/STUDIOUS R JUBILEE(ステュディオス ウィメンズ 表参道店) カーキパンツ 42,900円/beautiful people(ビューティフルピープル青山店) サングラス 27,500円/BLANC バッグ(別注) 28,600円/アポワン(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル 7,590円/RANDA 厚くも薄くもない生地によって、タックINしたときに理想の立体感が実現。スタイリング全体にカーキのフィルターをかけたような発色なら、グレースエット=カジュアルとは片づけられない、気だるく余裕を感じさせるムードをつくり出せる。



STYLE.003

シンプルでありプレイフル。
古き良きモノトーンをあらためて

気分を上げる色は、いつでも明るい色とは限らない。流行とは一線を画す、かわいげのあるモノトーン。目で落ち着き、着て高まる。退屈しないモノトーンをとおして、居心地のいい色を再確認。ニット 27,500円/TODAYFUL(LIFE‘s 代官山店) レギンスパンツ 9,900円/N.O.R.C ローファー 16,390円/A de Vivre ベレー帽、ソックス/ともにスタイリスト私物 




STYLE.004

軽く見える白は重めな素材に。
重い黒の素材は軽く

ツヤめく黒のブラウスに、やさしい発色の白スカートをなびかせた、凝らずして華やかなモノトーンを。黒はサテンで軽く、白はウールで重くした、色のイメージとは反対の素材選びもカギに。肌寒くなってきたら、ボリュームストールをアウターがわりとして活用。 オフ白フレアスカート 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) 黒フリンジストール 49,500円/ASAUCE MELER(ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店) 黒サテンブラウス 19,800円/BACCA(TOMORROWLAND) 黒ビットローファー 7,990円/ZARA(ザラカスタマーサービス)



STYLE.005


ネイビーのもの足りなさも補える
ヴィヴィッドな色と形の存在感

ネイビーと赤のクラシック配色をもっと気軽に試せるメンズライクなスエットを。ニットよりも赤が女らしくなりすぎず、ふっくらとした風合いで発色の印象も和らぎマイルドに好転。 赤スエット 39,600円/THE NEWHOUSE(アーク インク) 中に着たロンT 2,090円/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) パンツ 26,400円/ELE STOLYOF 眼鏡 24,750円/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) スリッポン 68,200円/ネオアス(ザ ストア バイシー 代官山店) お尻が隠れる長め丈。


≫【全22スタイル】コーディネートをもっと見る