春先まで活躍するセカンドコートを選ぶなら、主役のコートで「色」をとり入れる選択肢を。手頃なプライスというだけでなく、全方位から見て整ったシルエットも選択基準の1つ。



1.DROP SHOULDER
前はシャープに「サイドには丸みを」

キリッとしたテーラードと見せかけて、横から見るとドロップショルダーによる肩の落ち感によってマイルドな印象。メンズとレディのいいとこどりのフォルムなら、高発色なカラーコートのハードルも下がる。

包みこむような心地いいシルエットも
辛口なテーラードタイプにお似合い


グリーンコート(SHEL‘TTER限定) 17,380円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) グリーンニット 17,600円/アルアバイル ベージュコーデュロイパンツ 13,000円/N.O.R.C サングラス 16,500円/OSCAR & FRANK(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ 15,400円/オーレンティ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) ショートブーツ 24,200円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 同系色のコートとニットで統一感を。




2.SQUARE POCKET
ピンクを正す「パッチポケット」

やさしく、甘いイメージの意表をつく、角のあるポケットが適度な強さとして作用。さらに厚すぎず薄くもない絶妙なウール地が、重みをともなう美しいゆれ感へと直結する。

淡くまとめてもぼやけない。
ポケットとガンフラップの効能


共布ベルトつきピンクリバーコート 38,940円/uncrave 白ロングTシャツ 15,400円/ATON(ATON AOYAMA) ピンクギャバパンツ 36,300円/ebure(ebure GINZA SIX店) グローブ 16,500円/アルポ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) バッグ 13,750円/BRIE LEON(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) パンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa


≫【全8選】カラーアウターをもっと見る