試しきれないほどの膨大なコスメ。その中から「価値ある1つ」にたどり着くには美の経験値が高い人たちがリピートし続ける、コスメを知るのが近道。「なくなったら困る名品」として選ばれたアイテムを、愛用者の声とともにリストアップ。


【PRESENTATION】
テーマに沿って選ぶなら?

それぞれのお題に合うアイテムを、コスメフリークたちがそれぞれ愛用品の中からプレゼン。秋冬に着たい服やありがちな悩みから連想したコスメをご紹介。



1.ブラウンの服に色香を宿すアイメイク

ブラウンやキャメルなど、渋くてあたたかみのあるカラーの服が気になる今季。華やかさと女っぽさを足し算できるアイカラーを、ヘア&メイク・岡田知子さんがリコメンド。


【目を引くオレンジのツヤ】

ルナソル グラムウィンク 01 3,520円/カネボウ化粧品 「オイルベース処方のツヤっぽいオレンジ色がなんだか気になる。セクシーな印象の目元に仕上がります」




2.カジュアルなフーディに差したい赤

秋になると登場回数が増えるスエットやカットソー。肩の力を抜ける服にもマッチし、女っぽさや緊張感を補える赤リップを、リップアディクトなアパレルブランドプレス・平井美帆さんがご紹介。


【ほめられ率の高いリップ】

リップスティック 2962 3,630円/NARS JAPAN 「この色をつけていると、必ずまわりからほめられる。シンプルな服と合わせるだけでキマる発色がお気に入り」




3.ふんわりニットから見せる肌づくり

乾燥が気になる季節ももうすぐ。毎日のボディケアを欠かさないという、モデル・武智志穂さんのオススメは? たっぷりと使える容量もセレクトの条件。


【伸びもいいしベタつかない】

セタフィル® モイスチャライジングクリーム 566g 1,740円(編集部調べ)/ザ・プロアクティブカンパニー 「ベタつかないので快適。リーズナブルなのでケチらず使えます」




4.季節感がきわだつニュアンスカラー

くすみ色のコスメを組み合わせてつくる、ニュアンスメイクが定番のインフルエンサー・マイさんがおすすめするのは、コクのあるカラーアイテム。


【肌なじみのよいバーガンディ】

マットマスカラ N 04 3,850円/RMK Division 「一見はっきりとした色ながら、塗ってみると肌になじむ。黒よりもやさしく、ブラウンより大人な感じでちょうどいい」(マイさん)



5.自分をねぎらいたい日に使うもの

オーガニックコスメの魅力を発信している美容コラムニストの福本敦子さん。今本当にすすめたい、身も心も満たしてくれる「癒やし」のアイテムは?


【玄米の香りにも癒やされる】

玄米カイロ おなか用 5,280円/masyome 湯たんぽや使い捨てカイロよりも身体の芯まで温められて何よりも心地よい使用感。「おなかや背中をあたためたいときに最適。ベッドやソファーでくつろぐときに使っています」




6.ありそうでない絶妙ネイルカラー

ネイルをたくさん集めている、ヘアメイク・長澤葵さんに今の気分を聞き込み。主張しすぎず、秋の装いにしっくりなじむ3色を提案してくれました。


【ほっこり見えないベージュ】

インフィニットシャイン ネイルラッカー IS L21 2,420円/O・P・I 「ベージュとクリーム色をほんの少しくすませたような、主張しすぎずなじみすぎない、絶妙な色み。上品な指先でどんな服にも合いやすくおすすめです」




7.敏感な肌をいたわるスキンケア

ナチュラルコスメにもこだわりを持ち、常にアンテナを張っているアパレルブランドPRの根本久仁子さん。季節が移り変わって肌がゆらぎやすい今、個人的にしっくりくるものは?


【ハニーの甘い香りにも虜】

Antipodes マヌカハニー ライトディクリーム 60mL 6,820円/コスメキッチン 「NZ発のコスメ。ハチ毒成分が入っているからか、毛穴が目立たなくなった気がします」




8.ナチュラルな装いが華やぐツヤ

白やベージュなど、やわらかい雰囲気のコーディネートが多い、インフルエンサーの石田一帆さん。ナチュラルトーンの服を着る日も、表情を明るく見せられるお助けコスメは?


【夕方の疲れ顔も一掃】

シマリング グロー デュオ 01 4,950円/THREE 「夕方になってくすみが気になる肌に軽くのせるだけで、パッとスキントーンが明るくなる。健康的な肌感に整います」


≫プロたちが実力を認めた名品コスメをもっと見る