カジュアルボトムで再注目したいのがワークパンツ。メンズライクなテイストを利用すれば淡い色も、可愛いアイテムも、ちょうどいいバランスに。


ーSTYLING THEMEー
【やさしい色こそワークパンツで】
白やベージュのパンツこそ、ほどよい無骨さがあるワークテイストにマッチ。合わせる服も同系色で完結させたミルキーな配色も甘く転ばず、カジュアルに装っても手抜きに見えない。


1.IVORY
【アイボリーのワイド&ハイウエスト】

白っぽい色だけをレイヤードして
ミリタリーパンツをクリーンなたたずまいに

アイボリーベルテッドパンツ 25,300円/LENO(グッドスタンディング) ベージュコート 55,000円/プラージュ(プラージュ 代官山店) オフ白シャギーニットカーディガン 31,900円/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) アイボリーフェルトハット 6,600円/Ungrid 3連ポーチバッグ 31,900円/アトリエ アンボワーズ(ガリャルダガランテ 表参道店) パンプス/スタイリスト私物 ウエストにベルトを2本ほどこしたミリタリーパンツ。ロングコートやボリュームニットの厚みのある服を重ねれば、淡い配色の単調さも防げる。



2.CHINOS
【コクのあるモカベージュのチノパンツ】

白や淡色トップスに
やさしくメリハリをつけるモカカラー

チノパンツ 24,200円/TICCA オフ白ウールプルオーバー 24,200円/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) 白シャツ 39,600円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) サングラス 23,100円/A.D.S.R.(4K) チェーンショルダーバッグ 141,900円/ラッツ モリス(エスケーパーズオンライン) キャメルブーツ 24,200円/DIANA(ダイアナ 銀座本店) 白&ベージュ配色にもバリエーションが出る、キャメルのようなモカベージュ。足元は細身&深色のブーツを選び、チノパンをさらにスレンダーな表情へ刷新。



3.SATIN
【白かベージュのようなサテンパンツ】

光沢のあるメンズ的パンツがあれば
全部ボーイッシュに振っても甘さが残る

アイボリーサテンパンツ 41,800円/イレーヴ イエロースエット 17,600円/トラディショナル ウェザーウェア(プラージュ 代官山店) 白T 6,380円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) ヘアバンド 2,420円/シップス エニィ(シップス エニィ 渋谷店) ブラウンローファー 30,800円/ルカ グロッシ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 白ソックス/スタイリスト私物 大きなポケットや、すそにドロストがついた無骨なカーゴデザインは、それとは逆のエレガントなサテン素材に好相性。ニットやスエット、ウールのコートなど冬素材全般に合うサテンだから、着なれた服のアップデートにも効果てきめん。


≫「スタイル良く見える前提」で選ばれたボトム一覧を見る