だんだん薄く、心地よさを求めがちなトップスのきちんと感や着映えを操作し、季節の橋渡し的存在にもなるのは「腰から下の重量感」。スカートも軽やかに見えるからこそ、シルエットや素材感、あるいは印象的な柄や色でボリューム感=重みを加えれば、軽く・薄くなってくるトップスとのバランスも良好。


1.
ワンツーの深みが増す「渋色のヴィンテージ柄」

あせたベージュをさらにレトロに傾ける、小花柄のなつかしさ。シンプルなスタイリングに味わいや風格が生まれ、単調に見せない着映えを実現。

スカートにテンションを合わせて
トップスもハイネックでクラシカルに

ベージュフラワープリントスカート 31,900円/AKANE UTSUNOMIYA(ブランドニュース) 白タートルネックトップス 23,100円/ロンハーマン サングラス 39,600円/プロポ(プロポデザイン) バッグ 26,400円/SHIME(ヤマニ) 黒ストラップサンダル 23,100円/エー エメリー(ザ ストア バイシー 代官山店) やや光沢のある、ジャカード編みのジャージー素材もムードを助長。


2.
肌感トップスを支える「ハリのある黒」
チノのようにハリのあるタフな素材で、広がりのいいサーキュラーの美しいフォルムをキープ。

強気なスカートにソフトなキャミ。
真逆の性格が黒1色の完成度を高める

黒共布ベルトつきスカート 20,900円/バビロン(エレメントルール カスタマーサービス) 黒ニットタンクトップ 19,800円/SACRA(インターリブ) ゴールドピアス 4,840円/TODAYFUL(Life‘s 代官山店) パールアンクレット 13,970円/baebae(アイクエスト) 黒ヒールサンダル 69,300円/ネオアス(ザ ストア バイシー 代官山店) 黒の美しさを最大限に引き出す繊細な小物づかい。


≫【全16選】「ふつうのトップスを合わせて着映える」スカートのコーディネートをすべて見る