着つくしてしまったように感じるシャツも、まだまだポテンシャルを秘めている可能性が。シャツ上手な海外のファッショニスタの装いから見えてきた、ひねりをきかせたアレンジ術をアーカイブ。


001

「シャツも靴もクリーンな白」
ダメージデニムと隙のない白シャツ。まじめ・ふまじめのちぐはぐな上下も、ミニマルな白い靴が複雑さをそぎ、シンプルにまとめる。


002

「流れを変えるベルトのひと手間」
細みパンツにシャツをインしたリーンなシルエットに、ベルトをさしてメリハリをつけた常套手段。上下ともにレザー素材、さらにブラウンではなく黒ベルトという強気な選択は、配色をほっこりさせないための最短ルート。白タンクの息抜きを忘れずに。


003

「ドライなカーキを多彩な黒で飾る」
発色もシルエットも硬派なシャツのイメージをくずさない、レザーのツヤでうるおいをチャージ。ビッグシルエットからのぞくミニマムなスカートというアンバランスさも目を引く要因。小物までタフな黒でまとめれば、肌見せで陥りがちなセクシーさを回避できる。


004

シャツのタックイン&ワイドなベージュボトム&「重めの靴」
ゆったりしたベージュには重めな靴が好相性。(右)ズルッとしたベージュパンツを、とがったトゥのブーツで背筋が伸びた印象に。ベージュ×ブラウンのグラデーションが高感度な装いへアシスト。 (左)ブーツ&ベルトの黒でサンドしたことが、パンツのボリューム感をきわ立たせて、腰から下をほっそり見せることに成功。上は腕を見せて軽く。


≫【全14選】海外ストリートで見つけたシャツの着こなしアイディアをすべて見る