白黒紺に「ドライなベージュ」

涼しげで着心地もよく、夏に履くボトムに相性のいいドライなニットトップス。「ニット素材」の長所が生きて着回せる、そんな前提で選ばれた色はベージュ。浮つかなくてぼやけもしない、コーディネートをキレイに支えるトップスをタイプ別にご紹介。



001.WIDE ARMHOLE
【半そでなら?】

身頃はコンパクト・短め丈・そでに余裕のある短めそで。自然とスタイルアップがかなう3つの前提。モノトーンでまとめるとモードになりがちな黒スキニーも、色も風合いもソフトなざっくりとしたベージュニットとならどこかマイルド。



002.BOAT NECK
【長そでの場合は?】

ゆるニットに引き締めと女らしさをもたらす首まわりの開き感。ニットをシャープに見せるために仕込んだ黒インナーも計算のうち。



003.HIGH NECK
【ノースリーブなら?】

やさしい色をシャープに着る。潔い腕見せとハイネックの相愛なコンビ。やさしいベージュの色みと引き締まった印象を演出する肌見せ。ハイネックで首回りを覆うことで腕の肌感も上品に映る。


コーディネートのクレジットも公開
≫【全8選】ドライなベージュのニット&トップスのコーディネートをすべて見る