(好感度の高い2色を軸にする)
デニムありきの「白とブルー」配色

デニムをキレイに・知的に・清潔感も演出できる2色を軸に、デニムを夏へシフト。淡いブルー・濃いブルー、白デニムそれぞれの長所を最大に生かす方法をコーディネート実例でお届けします。



001.
白デニムと淡いブルーシャツ

デニムらしからぬ透明感。
ミルキーなブルーで無垢なグラデーション

ライトブルーショートシャツ 8,800円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 白デニムパンツ 29,700円/RH ヴィンテージ(ロンハーマン) リング 8,640円/アビステ サンダル 27,500円/エーティーピーアトリエ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン シンジュク) トーンがあいまいなぶん、シャツのすそを短くアレンジし、メリハリを意識。ブルーのクリアリングで遊びを。



002.
キレイを保てるルーズな白

ゆったりとしたシルエットも
配色の力でクリーンに転換

白スエット 17,600円/RHC(RHC ロンハーマン) カットオフデニムパンツ 18,000円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) 〈右手〉バングル 35,200円/ロンハーマン ジュエリー(ロンハーマン) 〈左手〉バングル 28,600円/e.m.(e.m. PRESS ROOM) パンプス 46,200円/ブレンタ(ノーブル 有楽町マルイ店) まじりけのない白スエットとアイスブルーのデニムによって、清潔感をキープ。



≫【全19選】「白とデニムを上手に着る」コーディネートをすべて見る

白&白っぽいブルーデニム配色。頼れるのは好感度につながる「ほどよいゆるみ」をもたらしてくれるデニム。フェミニンな白ワンピースをドレスダウンするデニムも、白に近いブルーのあいまいなトーンで爽快に。