「デニムだからいいこと」その1つにあるのはかわいい服との組み合わせ。甘さを中和するのに適役な3タイプのデニムにお似合いな甘さとは?


▶コーディネートのクレジットも含めた一覧
≫【3選】見慣れたデニムが見違える「ドレスアップ」の一覧



1.LAYERED
「包み隠して」デニムを休む

毎日はきたい定番ゆえに、休ませることも必要。そんなときは「目立たせない」のもひとつの手段。ワンピースをほぐすための脇役として、余すところなくデニムを堪能。

ゆれるシルエットになびくタイが
デニムの開放感と意外にもマッチ

タイはとりはずし可能。これからの時期の「長い黒」だから、小さなドットやなめらかな質感といった、「重くない」選択が必須。ルーズなデニムとビーサンのハズしが特別な黒に生きてくる。



2.OVERALLS
「コンパクトに」オーバーオール

中でもカジュアルなオーバーオール。一歩間違うと幼く見えてしまうからこそ、大人っぽく、女性らしく手間をかけることが必須。さらに都会的に映るためのシルエットを分析。

はおるだけで腰位置を上げる
ジャケットでスタイルUPと気品を両得

短めのコンパクトな羽織り・首元に甘い装飾があるブラウス。スレンダーなオーバーオールに似合う組み合わせパターンの1つ。足元にもゴールドの光を。



3.JACKET
「ドレッシーに」デニムジャケット

着くずすことを前提に。ボーイッシュなイメージがつきまとうオーバーサイズのGジャンは、真逆のテイストに振り切って新たな価値を見出したい。シャツ以上アウター未満の軽さも今に最適。

無骨なデニムと光沢ドレス。
異なるブルーの退屈しないワントーン

フリルカラーはとりはずし可能。第一印象で惹かれるものの、1枚で着るには少々ためらう華やかなドレスの日こそ、デニムジャケットで隠すことでシーンにしばられないリアリティが。色落ち・BIGサイズでギャップを確かなものに。